Thursday, April 30th, 2020

FIND THE PERFECT WATCH

日本橋三越で見つける
実力派時計

text norio takagi photography jun udagawa
issue10

スケルトンXムーブメントとケースとの融合をテーマとした、新コレクション。長方形とXとによる斬新なスケルトン構造で、ダイヤルにムーブメントのほぼすべてのパーツを露わにする。6時位置にあるシリコン製のテンワは、独自のブレード構造。歩度調整用のウェイトを持ち、高精度をかなえる。チタンのケースは、硬質なDLCでブラックに。手巻き、チタンケース、42mm。¥2,020,000 Ulysse Nardin / Nihombashi Mitsukoshi(日本橋三越本店 Tel.03-3241-3311)

ULYSSE NARDINユリス・ナルダン伝統的な時計製作技術と最先端シリコン技術との融合 1846年の創業間もない頃より、正確無比な航海用デッキクロック、マリンクロノメーターの作り手として名を馳せてきた。その技術は、今の腕時計にも生かされている。

 オートマタ(機械人形)といった古典的複雑機構や伝統的な高温焼成するグラン・フー・エナメル製ダイヤルを得意とすると同時に、最先端のシリコン技術をいち早く導入。機械式時計の精度を司る脱進機やヒゲゼンマイ、さらにテンワに至るまで超精密加工が可能なシリコンで形作り、正確さを追求してきた。

 伝統の継承と最先端技術の融合で、ユリス・ナルダンは時計界で独自の地位を確立している。これは、その最新作。シリコン技術を駆使した機械と外装が完全に調和したスケルトンな意匠で、メゾンの新時代を開く。

本記事は2020年1月24日発売号にて掲載されたものです。
価格等が変更になっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 32

1 2 3

Contents

<本連載の過去記事は以下より>

日本橋三越で見つける本格時計

日本橋三越で見つける技巧派時計