Friday, March 13th, 2020

LIVING WITH ART

RAKISH MANは、
自宅にアートピースを飾っている

cooperation mizoe art gallery

今買える、注目の絵画美術史に名を残す巨匠の名作でありながら、インテリアとしても高い価値を発揮する絵画をご紹介。お問い合わせはお早めに。

ウィレム・デ・クーニング / WILLEM DE KOONING(1904-1997)
“The Man and The Big Blonde”
¥2,000,000(税込価格)
アメリカで活動したオランダ出身の画家、デ・クーニング。人物表現に関心を寄せ、50年代に描いた「女」シリーズで脚光を浴びる。その激しい筆致と色彩で描かれた抽象表現は、ジャクソン・ポロックと並んで「アクション・ペインティング」の代表として名高い。2015年のオークションでは、《インターチェンジ》という作品で当時の過去最高額だったゴーギャンの作品と並ぶ、約3億ドル(約334億円)で落札されたことで話題となった。この14色のリトグラフは限定150枚のうちの1枚。 64.5×76.7cm 1982年制作

ジャスパー・ジョーンズ / JASPER JOHNS(1930-)
“4つの顔のある標的”
¥6,000,000(税込価格)
ロバート・ラウシェンバーグとともにアメリカのポップアートを牽引し、国旗や標的のモチーフで有名なジャスパー・ジョーンズ。1955年に制作された《4つの顔のある標的》(画布・エンコースティック(蜜蝋)・コラージュ・石版型)は、1958年に『アート・ニュース』誌の表紙になり、ニューヨーク近代美術館(MoMA)にも買い上げられた作品。同タイトルのこちらは、1979年にインタリオ(凹版技法)で制作されたもの。上部の4つの石膏は消え、代わりに「face」という文字が4つ並ぶ。限定88枚のうちの1枚。 76×56.5cm 1979年制作

パウル・クレー / PAUL KLEE(1879-1940)
“つなわたり”
¥6,000,000(税込価格)
1931年までバウハウスで教鞭を執っていたクレー。第二次世界大戦勃発後にスイスに亡命した彼は、「まるで自身が綱渡り師であった」と語った。この作品は、水平、垂直、斜めの線の構造でバランスを表現している。ちなみに2017年に死去したロックフェラー家の第3代当主デヴィッド・ロックフェラーと夫人が保有していたコレクションが、昨年オークションにかけられたが、その中にこの作品のエディション違いも出品され、やはり高値がつけられた。カラーリトグラフ 和紙80部、手漉き紙220部 44×27.9cm 1923年制作

ご購入のお問い合わせは、ザ・レイク・ジャパン info@therakejapan.com まで

本記事は2019年11月25日発売号にて掲載されたものです。
価格等が変更になっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 31

1 2

Contents

<本連載の過去記事は以下より>

RAKISH MANは、 クラシック・カーを愛する

RAKISH MANは、 ヴィンテージのリングを持っている

RAKISH MANは、 使い込むほどに味の出る鞄を知っている

RAKISH MANは、 シガーを嗜む隠れ家を持っている

RAKISH MANは、玄人好みの生地を知っている

RAKISH MANは、 職人の仕事を美しい色彩で楽しむ

RAKISH MANは、 すべてに自分の決まった職人がいる

RAKISH MANは、トレンドから距離をおいた 自分のスタイルをもっている