March 2020

THE PROUD FATHER

RAKISH MANは、
クラシック・カーを愛する

text adam hay-nicholls
issue10

モンテカルロのカジノにて新しい愛車ジャガーXK120とタキシード姿のガンディ。

39歳の彼はいった。
「クルマを集め、組み上げる行為はひとつの中毒ですよ。歴史を守ることが趣旨なんです。私たちは、古いクルマを次世代のためにレストアしています」

 ガンディのクルマ愛はジャガーから始まった。

「僕が8歳のときに、ジャガーがシルクカットXJR-9LMで88年のル・マンを制したことを憶えています。4年後、ジャガーはXJ220を発表しました。あれは当時、世界最速の量産車でした。うちはすでにジャグ・ファミリーでしたね。父も祖父母もXJを持っていましたから。僕はジャグの後部座席で育ちました」

 紳士階級のレーサーのスリルに富んだ冒険は、長年にわたって人々を惹きつけてきた。ル・マンでの勝利を祝うべく、サヴォイ グリルに乗り込み、マシンとともにダイニングテーブルを囲んだベントレー・ボーイズは特に有名だ。

 また、ル・マンへの参戦中、夜間は紺のピンストライプ柄スーツで運転し、昼間はよりカジュアルなプリンス・オブ・ウェールズ・チェックに着替えてから走ったロブ・ウォーカーのような人もいる。ウォーカーのパスポートに記載された職業は“紳士”であった。

 XK120にはル・マンにおける伝統があり、ガンディの車両もレース可能な仕様となっている。彼は競技用ライセンスを持っており、この車両をミッレミリアにエントリーする予定だ。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 31
1 2 3 4 5

Contents

<本連載の過去記事は以下より>

RAKISH MANは、 ヴィンテージのリングを持っている

RAKISH MANは、 使い込むほどに味の出る鞄を知っている

RAKISH MANは、 自宅にアートピースを飾っている

RAKISH MANは、 シガーを嗜む隠れ家を持っている

RAKISH MANは、玄人好みの生地を知っている

RAKISH MANは、 職人の仕事を美しい色彩で楽しむ

RAKISH MANは、 すべてに自分の決まった職人がいる

RAKISH MANは、トレンドから距離をおいた 自分のスタイルをもっている