Thursday, August 27th, 2020

PAUL FEIG'S MIXED BLESSING

お洒落監督の流儀
―ポール・フェイグ―

世界が未知のウイルスの影響を受けている今、彼ほど気分を上げてくれる男がいるだろうか。
ハリウッドで最も英国好き、かつダンディな着こなしで知られるポール・フェイグが、
近々の活動や話題のインスタライブ、ショービズ界の新たな取り組みについて語ってくれた。
text tom chamberlin photography robert spangle

Paul Feig / ポール・フェイグ1962年ミシガン州生まれ。南カリフォルニア大学映画芸術学部を卒業後、俳優や脚本家、監督とマルチに活躍。代表作は『ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン』(2011年)、『デンジャラス・バディ』(2013年)、『ゴーストバスターズ』(2016年)など。伝統的な英国スタイルを愛し、仕事中でも私生活でもスーツを着用する姿がトレードマーク。

ディナージャケット 参考商品 Isaia(イザイア ナポリ 東京ミッドタウン店 Tel.03-6447-0624)
シャツ Anto of Beverly Hills
ボウタイ¥12,500、チーフ 参考商品 both by Turnbull & Asser(ヴァルカナイズ・ロンドン Tel.03-5464-5255)
スタッズボタン 参考商品 Dunhill(ダンヒル Tel.03-4335-1755)
メガネ¥24,800 Prada(ルックスオティカジャパン カスタマーサービス Tel.0120-990-307)
カフリンクス Paul Feig for J.Crew
時計 参考商品 Jaeger-LeCoultre(ジャガー・ルクルト Tel.0120-79-1833)

 弊誌編集者の立場で考えてみてほしい。パンデミックの今、時代を反映しつつ、現実を忘れさせてくれるような内容を盛り込んだ誌面が求められている。気分を上げたい、刺激を受けたいという読者の思いはこれまで以上に高まっている。私たちはこうした思いを凝縮した表紙の顔に、単に弊誌の世界観を体現するだけでなく、自らのクリエイティビティやエネルギーを注いで他者をサポートしている人物を選ぶ必要があった。

 とはいえ、正直なところそんな男性を見つけるのは難しくなかった。ハリウッドの一流映画監督であり、プロデューサー、脚本家、俳優でもあり、最高にダンディなポール・フェイグは、まさにこの条件を満たす男だった。

 私たちがソーシャル・ディスタンスを保ってい数カ月の間、彼は毎日アップする動画で、カクテルやダンスについてアドバイスし、他者を元気づけ、チャリティへの寄付を促してきた。困難なときだからこそ、ポジティブさ、心地よい空気感、そして妥協のないスタイルを表現してくれている。本当に頼もしいものだ。

伝統的な英国スタイルが好き ポールが2019年の大半を費やしてロンドンで撮影した映画『ラスト・クリスマス』は、エミリア・クラークやエマ・トンプソン、ヘンリー・ゴールディングが出演し、スマッシュヒットを飛ばした。ロンドン、中でもメイフェアやセント・ジェームズに捧げるラブレターのような、ロマンティックなストーリーだ。

本記事は2020年7月27日発売号にて掲載されたものです。
価格等が変更になっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 35

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

Contents