Saturday, September 12th, 2020

LOWER CASE, HIGHER PURPOSE

ユーモア溢れるサステナビリティ
エルメスの“プティ アッシュ”

高級メゾン、エルメスのアップサイクリング(創造的再利用)部門プティ アッシュの
クリエイティブ・ディレクターであるゴデフロワ・ドゥ・ヴィリユーが、アトリエがいかにして創造性、
サステナビリティ、伝統、ユーモアの感覚のバランスをとっているかを説明する。
text christian barker

Godefroy de Virieu / ゴデフロワ・ドゥ・ヴィリユー1970年、パリ生まれ。1998年、工業創造高等国立学校(ENSCI)卒業。同級生であり友人でもある写真家のリップ・ホプキンスとともに製造業の世界に足を踏み入れる。2009年、彼は友人らとボタニカル・デザインの会社、BACSACを設立。同時に、妻であるデザイナーのステファニア とともに、エルメスのプティアッシュ・プロジェクトに参画。2018年にプティ アッシュのクリエイティブ・ディレクターに任命された。

 1960年代、当時まだ少女だったエルメス一族のパスカル・ミュサールは、エルメスのワークショップをよく探検していた。職人の机の上で進行中の作業に触れることは禁じられていた。 しかし、アトリエの床に捨てられたもので遊ぶのは自由だった。

「私はそれらの素材を手に取り、これで何ができるのだろう、と思っていました」とエルメス創設者のティエリー・エルメスの子孫である彼女は、THE RAKEに語った。

「振り返ってみると、プティ アッシュのコンセプトは、あのときに始まっていたのかもしれません」

 ミュサールは、彼女の人生のほとんどを家族経営の会社で費やし、2010年には長らく温めていた構想をプロジェクトとして立ち上げた。

本記事は2020年7月27日発売号にて掲載されたものです。
価格等が変更になっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 35

1 2 3 4 5 6 7

Contents