A RAKISH GUIDE TO TIES

お洒落なネクタイの選び方

Saturday, March 21st, 2020

 

スタイリング

 

 光沢またはマット、デコラティブまたはプレーン、地味または派手? これらは個人の表現、キャラクター、そして魂を問う命題だ。大きめまたは小さめなどの、ノットの選択もそうだ。ハーフウィンザーとフルウィンザーは、クラシックな左右対称のノットだ。シングルおよびダブルのフォーインハンドは、非対称のノットとなる。ダブルノットはノットのサイズが大きく、幅の広い襟に合う傾向があるが、長さが長いネクタイを、身長が短い人が結ぶ場合も有効である。

 

 これらの難しい、神学的ですらあるスタイルの問題を超えて、私たちは、いくつかの点に同意することができる。

 

 クラシックなタイは、きちんとしたスーツ姿に欠かせないものだということ(ウィークデイのローマを見てみるといい)。

 

 

 ストライプのタイは、ツイードのジャケットやブレザーのよきパートナーである。強い色はリッチなテクスチャーに最適だが、光沢のあるシルクは、より控えめな色調に似合う。

 

 ネイビーのネクタイとブルーのシャツの組み合わせは、ナポリタン・ジャケットにぴったりだ。ゴールドのグレナディンまたはピンクのカシミヤタイは、実に控えめな英国のスーツに、命を吹き込むことができる。旅行中なら、ネイビーのグレナディンとチョコレート色のシルクニットが万能である。

 

 ネクタイの世界は、テーラーリングのように、英国とイタリアが支配的だが、最高のイノベーターの一部は日本人だ。例えばセブン・フォールドの加賀健二氏のように。

 

セブン・フォールド

www.sevenfold.it/

 

 

1 2 3 4 5