A RAKISH GUIDE TO TIES

お洒落なネクタイの選び方

Saturday, March 21st, 2020

 よりインフォーマルの場合、テクスチャーが重要だ。夏のオプションのひとつは、精錬されていない生糸(ローシルク)で作られたシャンタンだ。リネンに近い、粗く、ざらりとした表面感を持っているが、リネンのように、すぐにシワにはならない。

 

 冬には、ネクタイは仕立て服の素材に合わせるといい。起毛したウール・フランネルや厚手のカシミヤなどだ。

 

 カジュアル・タイの王様はシルクニットだ。 マイルス・デイビスによって有名になったこのニットタイは、タイを締められるどんな状況にもぴったりだ。イタリアのメーカーは、柔らかなコットンやウール・ニット、ダイアゴナルなどのニットタイも成功させているが、絶対的なクラシックは、大剣先がスクエアにカットされた、カリカリしたシルクのニットタイだ。

 

 ネイビーとブラックはすべてに合うが、オリーブ、バーガンディそしてゴールドなどを、ジャケットやカジュアルなスーツと合わせてみてほしい。

 

 

 

1 2 3 4 5