The RAKES of the YEAR 6

今、最も注目すべき洒落者たち
The Uplifter

Wednesday, April 29th, 2020

text nick scott photography kim lang

special thanks to Kent,Haste & Lachter

 

 

 

会っておいて損のない人物

Michael Nouri/マイケル・ヌーリー

1945年、アメリカ、ワシントンDC生まれ。俳優。1983年映画『フラッシュダンス』のニック役で注目される。87年には『ヒドゥン』主演、2004年にはスピルバーグ監督の『ターミナル』へ出演。2008~2013年ドラマ『NCIS~ネイビー犯罪捜査班』など、キャリアを重ねている。

 

 

 ダビドフ・オブ・ロンドンのオーナーに、会っておいて絶対に損のない人物がいると言われたので、セント・ジェームス通りにある建物を訪ねた。

 

 ウォークイン・ヒュミドール内の椅子には、堂々とした体格の男が座っていた。シガーには見事なシガーリングがついていたが、彼の大きな手のせいでちっぽけに見えた。男はマイケル・ヌーリーといった。

 

 多くの人にとって、マイケルを紹介する必要はない。彼は1983年のヒット映画『フラッシュダンス』の主演男優だからだ。そして当たり役のイメージを取り払うことが難しいこともよく知っていたが、そんなところも彼の魅力であった。

 

 以来、誌面に登場するたびに、磨き上げた靴、アンダーソン&シェパードやエドワード・セクストンのスーツ、イエローゴールドのブレゲ、センスのすべてを教わった父親に対する敬意などを通して、完璧なスタイルを披露してくれた。

 

 マイケルは、ジェレミー・アイアンズが放った格言“1日の中にシガーを楽しむ時間があるならば、あなたは正しいことをしているにちがいない”を信条としている。マイケルからのEメールの最後にはいつも決まって「一瞬一瞬を大切に!」と書かれている。

 

 

・6・7・8