The RAKES of the YEAR 1

今、最も注目すべき洒落者たち
The Collector

Friday, April 17th, 2020

辞書によるとTHE RAKEは、“放蕩児”とあるが、これは単なる遊び人を指しているわけではなく、

世の中をかき回し、自らの才能を賭けてゲームを楽しむ者たちを意味している。

世界をリードする、とびきりスタイリッシュな男(そして女)たちが一堂に会する。

 

 

text wei koh photography kim lang 

special thanks to 11 Cadogan Gardens hotel

 

 

 

最も重要なウォッチ・コレクター

Auro Montanari/アウロ・モンタナーリ

世界で著名なウォッチコレクターのひとりであり、ジョン・ゴールドバーガーのペンネームでパテック フィリップ、オメガ、ロレックスなどのアンティーク本を多数出版している。多作なフォトグラファー、トルテッリーニが大好きな美食家、ワイン愛好家でもある。

 

 

 アンティークウォッチを取りあげたアウロ・モンタナーリの本はすばらしく、彼は収集を文化にまで昇華させた。コレクションの中で最も貴重なものは、パテック フィリップの3449である。

 

 彼はこれを手に入れるため、3個しか存在しない1967年製のロレックス 6239 ヨットマスターを、ある夏、カプリ島で手放した。彼は、筆者がしていた“カルティエ タンク サントレ(サーモンダイアル)”に目に留めると、自宅に招待してくれた。

 

 ボローニャで最も壮麗な邸宅のひとつ、その最上階にある彼の部屋に到着すると、私は駐車場に彼の車しかないことに気づいた。そこで「アウロ、あなたはこのビルのオーナーなの?」とたずねると、彼は「どうして分かった?」と答えたことから彼の謙虚さがうかがえる。ビスコンティの映画『山猫』から出てきたような育ちのよさだ。

 

 彼が好むのは、ソフトショルダーモデルと呼ばれる肩ラインを柔らかに仕上げた“カラチェニ”のダブルスーツである。トレードマークでもある擦り切れたデニムシャツは、ウォッチ・コレクターである彼にふさわしい、独創性を感じさせる。

 

 

1・