McLaren×F1 Experience Hot Laps

F1ドライバーの隣に乗る
「HotLaps」 体験を通じて得た
「McLaren Experience」

Wednesday, December 5th, 2018

 

 マクラーレンでは「Pure McLaren」と呼ばれる、プロドライバーによるドライビングレッスンプログラムを欧州を中心に実施しており、ランド・ノリスもその経験者。一流ドライバーの指導により、マクラーレン・ロードカーの圧倒的なパフォーマンスを安全かつ最高の環境で発揮し、存分に体験できるということで非常に人気を集めている。

 

 車両の開発や販売だけでなく、そういった体験そのものを提供することも、マクラーレンにとっては大切な取り組みの一環なのだ。そして、このような取り組みは日本でも行われている。トラックデイと呼ばれるイベントなどがそれで、オーナーはもちろんのこと、所有を真剣に検討しているユーザーであれば、マクラーレンのポテンシャルを実際に体験することが可能だ。

 

 

 

レーシングコンストラクターが生み出す究極の公道用スポーツカー

 

 取材に協力していただいたマクラーレン・オートモーティブ・アジア日本支社代表の正本嘉宏氏は、マクラーレン・ロードカーの魅力について、「マクラーレンはF1のコンストラクターとして、どうすれば勝てるマシンが作れるのかを徹底的に研究してきました。その結果、マクラーレン・ロードカーも、軽量でドライバーが運転しやすいクルマに仕上がっています」と語った。

 

 そして、圧倒的なスピードで進化を続けていくその秘訣についてこう続けた。

 

「イノベーションに対する飽くなき姿勢は、まさにマクラーレンがレースで培ったDNAでしょう。そして、ロードカーの開発においてもその姿勢は受け継がれており、最高のパフォーマンスを発揮する真のスポーツカーを提供し続けています。そして、我々の顧客もクルマ文化に対する理解度がとても高く、自ら運転することに積極的です。よって、マクラーレンは孤高の存在であり、ライバルは存在しないのです」

 

 最後に、マクラーレンF1チームは、すべてにおいてプロフェッショナルな集団でありながらも、その雰囲気は開放的で、とてもフレンドリーであったことをお伝えしたい。これもまた、マクラーレンの文化なのだという。日本のショールームから本社工場の最新映像を表示する「ウォーキングウインドウ」という取り組みもそのひとつ。ショールームやイベントなどを通じて、常に最新モデルのテストドライブができる環境づくりも行われている。そう、コミュニケーションこそが何より大切であることを、マクラーレンは知っているのだ。

 

 

 

マクラーレン東京 TEL:03-6438-1963

マクラーレン麻布  TEL:03-3446-0555

マクラーレン名古屋 TEL:052-528-5855

マクラーレン大阪  TEL:06-6121-8821

マクラーレン福岡  TEL:092-611-8899

https://jp.cars.mclaren.com/

 

 

1 2 3 4 5