Tuesday, March 16th, 2021

SHOULDER TO SHOULDER

従兄弟で生むエレガンス
変わり行く老舗“チフォネリ”

text nick scott

パリのマルブフ通りにあるアトリエで、テーラーリングにおける大胆さを象徴する服を身に着けた、ロレンツォ・チフォネリ、マッシモ・チフォネリ両氏。後ろにはビスポーク客に提供される生地が並ぶ。

「テーラーリング界は本当に変わりました。ですから私たちのような職人は、伝統的な形状に新たなビジョンをもたらさなくてはなりません。自分たちのルーツを重視していることは言うまでもありませんが、私たちは決して立ち止まりません。代表的なショルダーやハウスならではのカットは守っていても、チフォネリのスタイルは常に進化しています。今なお50年前と同じスーツを仕立てていることを誇りに思うテーラーも多いですが、私たちは昨日と同じスーツを今日も仕立てたいとは思いません」

 チフォネリの店はレパートリーが広い。プリーツを施したハンティング・ジャケット“カナディエンヌ”、スエードでトリミングしたパッチポケット付きドレスコート“ヴィンテージ”、コントラストの効いたポケットを備えた、ベージュ色のリネン製ジャケット“ロレンツォ”、チベットのヤクの毛を使ったトラベル・ジャケット、さらにはTHE RAKEのウェブサイトで購入可能な多数の製品(リネンを使ったテバ・ジャケットやダブル・ジャケット、大胆なウインドウペーンのシングル・ジャケット等)といった品々を提供してきた。

 ロレンツォ氏は、ハウスの長寿は祖父のおかげだという。

「アルトゥーロがグローバルな発展に着手したのです。彼は当時としては進歩的な探究者で、私たちはその点を日々思い起こすよう心がけています。祖父が工房で働く姿を初めて見たときから、私たちふたりにはテーラーになりたいという明確な意志がありました。私たちにとって、祖父は常に成功のお手本でした。未来のことを考えるには、まず人々の暮らしを理解し、現代のクチュールのあり方を考える必要があります。私たちは常にテーラーリングを変革する方法を模索し、斬新なカットや生地を用いた新たな型を考案しています。ヤクの毛を使った“キリアン”ジャケットや、日本製ジャージー生地を使った“シンクレア”ジャケットなどですね。私たちのスタイルは常に進化しており、現在の世界によって変化するもの。チフォネリの名が何十年も生き続けるようにすることは、私たちの誇りにかかわる問題なのです」

THE RAKE JAPAN EDITION issue 38
1 2 3 4

Contents