Tuesday, July 24th, 2018

AN AFFAIR TO FORGET

セックス、ドラッグ、死、そして“甘い生活”

1953年4月、ある女性の遺体がローマの海岸で発見された。
自殺あるいは事故死として幕が引かれたこの事件は、数カ月後、
マスコミの追及によって再び世間の注目を集めた。
しかし、真相は現在まで明らかにされていない―。
text nick scott

ウィルマ・モンテージ殺害事件のエピソードからインスピレーションを得て製作された、巨匠フェデリコ・フェリーニの代表作『甘い生活』(1960 年)。イタリア映画界きっての色男マルチェロ・マストロヤンニと、ゴージャスかつ抜群のスタイルで人気を博したアニタ・エクバーグが主演を務めた。

 女性スキャンダルが報じられて間もないにもかかわらず、裁判所に黒のセダンを乗り付けるシルヴィオ・ベルルスコーニはふてぶてしかった。険しい表情の裏には、あくまで身の潔白を装うという意図があったのかもしれない。火遊びを繰り返して首相の座を何度も失ってきた彼は、内心こう考えていたのではないか。

「まだ若いこの国家の歴史においては、大きなスキャンダルといえども数十年もすれば忘れられるだろう」

 そうだとすれば、彼は正しい。ルネサンスの研究者なら証言してくれるだろうが、この土地の支配階級の中にある、退廃的な贅沢を満喫する技は、ローマ帝国とともに滅びたわけではない。

 1953年に起き、のちにマリオ・シェルバ首相を襲ったあるスキャンダルは、イタリア国民の耳目を集めた。事件にインスピレーションを受けて映画『甘い生活』を製作したフェデリコ・フェリーニ監督も、そうした国民のうちのひとりだった。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 23
1 2 3 4 5 6

Contents