NAKAMURA’S NOTEBOOK
中村達也の2021年春夏トレンド"買いたい新書"

Vol.6 Color & Textile 2021春夏の色と素材は
とにかく“軽い”感じが気分

Saturday, March 6th, 2021

 

マドラスチェックは“渋色”に進化

 

 アメリカントラディショナルなムードを漂わせるマドラスチェックが昨年カムバックし、今年もそれが継続中。しかし、2021年ならではの特徴として、同じマドラスでも“渋めなトーン”が多くなっていることが挙げられる。

 

 これはアイビーブーム時代に「ダークマドラス」とよばれた柄。通常のものよりシックな印象で、スタイリングもしやすいのが魅力である。興味深いのは、本来こういったマドラス柄を使ってこなかったヨーロッパのブランドも、今季はこぞって提案している点。アイビー時代には存在しなかったクロスオーバーが今、とても新鮮に感じる。

 

 

 

 

より挑戦しやすくなったダークマドラス

これがダークマドラスの典型的なイメージ。ベージュやネイビー、グリーンなど落ち着いた色で構成されているため、より着こなしやすくなっています。シャツやネクタイは無地を合わせるのがおすすめ。

ジャケット ¥111,000 Lardini、シャツ ¥22,000 Guy Rover、タイ ¥10,000 Ascot、トラウザーズ ¥26,000 Auberge × Brilla Per Il Gusto、シューズ ¥79,000 Crockett & Jones

 

 

 

ジャケット ¥130,000 Tito Allegretto

 

 

ジャケット ¥48,000 Bagutta  シャツ ¥15,000 Beams F

 

 

 

<本連載シリーズ>

Vol.1 Suit, Shirt & Tie

Vol.2 Border

Vol.3 Casual Outer

Vol.4 Trousers

Vol.5 Jacket

Vol.6 Color & Textile

1 2 3 4