James Bond’s Top 10 Most Rakish Style Moments

ジェームズ・ボンドが
最もRAKISHだった瞬間BEST 10

Tuesday, January 7th, 2020

機知に富んだユーモアとクラシックなブリティッシュ・テーラーリングで知られる男、ジェームズ・ボンド。

50年間も続いているシリーズより、最もスタイリッシュだったシーンを集めてみた。

 

 

デヴィッド・ニーヴン@カジノ・ロワイヤル(1967)

 

 イアン・フレミングによるシリーズの最初の小説に基づいた1967年のスパイコメディは、決して傑作とはいえず、『ネバー・セイ・ネバー・アゲイン』と同じく公式のボンド映画ではない。しかし、デヴィッド・ニーヴンの着こなしは注目に値する。ニーヴンは完璧だった。

 

 彼はイングリッシュ・ジェントルマンであり、またフレミングの友人でもあった。フレミングはシリーズの主演として、ショーン・コネリーよりも彼を推していた。彼のワードローブは、素晴らしいものだった。

 

 映画では、シルク・ベルベット製のトップカラーがついた、カッタウェイフロントのダークブルーのダブルブレステッド・フロックコートを着こなしていた。ウィングカラーのシャツにはクラバットが美しく結ばれていた。すべてが完璧に仕立てられていた。

 

 ニ―ヴンはいとも簡単にそれらを着こなしていた。しかし、それは英国がまだ“大英帝国”であった時代、マーシャル計画(米国政府が組織した戦後の経済回復プログラム)に依存していなかった頃の服装だ。あまり出来の良くないコメディ映画における、必見のポイントである。

 

 

1 2 3 4 5 6