ESSENTIALS OF THE MASTERS: LUCA RUBINACCI

世界の一流が愛するもの
ルカ・ルビナッチ

Wednesday, May 19th, 2021

服飾に関しては右に出るものがいないほどの知識を持ち、かつ業界でも有名な洒落者として知られる名門「ルビナッチ」3代目の御曹司。

そんなルカ・ルビナッチのお気に入り…オフの顔にも注目だ。

 

 

text miki tanaka

photography alessandro ottaviani

 

 

LUCA RUBINACCI/ルカ・ルビナッチ

イタリア・ナポリ生まれ。ナポリの名門サルト「ルビナッチ」の敏腕3代目。現在はミラノ店を仕切り、かつクリエイティブ・ディレクターとして活躍中。多くの雑誌の「世界のベストドレッサー」にランクインする業界きっての洒落者。

 

 

Q1.一番好きなジャケットはどんなモデルですか? 

 スーツは100着、ジャケットは50着ぐらい持っていますが、中でも一番のお気に入りは、ロロ・ピアーナ製の蓮の繊維から作られた生地のジャケットです。この生地には独特の味わいがあり、素朴な手触りが自然な雰囲気を感じさせてくれるのが好きです。夏でも冬でも着られる品ですが、大切な1着を消耗してしまわないよう、実はあまり着ないようにしています。必ずしもよく着る服=好きな服というわけではないので…(苦笑)。ちなみにジャケットは色別に分けて保管し、白やクリーム色のジャケットのみ汚れが付きやすいのでナイロンの袋をかけています。実は最近気づいたのですが、私が持っているのはカラフルなジャケットばかりで、ネイビーやダークカラーのものがほとんどなかったので、もうすぐ40歳になるこの機会に、次の夏に向けて何着か作りました。

 

上:クラシックなスーツやジャケットは色別に分類。40歳を前に濃紺などシックな色を強化/下:カジュアルスーツたち。手前が一番のお気に入りの蓮の繊維の生地のジャケット。

 

 

 

 

Q2. 一番好きなシャツは?

 クラシックなシャツではカルロ・リーヴァのボイルという生地で作ったストライプシャツを愛用しています。同じ生地で何色もの色違いを持っています。透けるくらいに軽くて薄い生地で、肌に付けていることを感じない着心地のよさが気に入っています。一方、仕事以外で着るシャツはデニムシャツのみ。仕事ではいつもクラシックシャツでタイドアップしているので、仕事が終わったらもう勘弁してほしい、という感じです(笑)。なので、オフのときにデニムシャツを着る際は裾出しでラフに。イニシャルもあえて裾のほうにつけています。

 

仕事を離れた時に着るシャツはデニムシャツのみ。裾出しで着るのでイニシャルも裾に入れてある。

 

 

 

Q3. 一番好きなタイは?

 私はネクタイは数多く所有して、いつも色々と変えてコーディネイトを楽しむべきだと思っています。ですので、あえて限られた数本だけに愛着を持ち過ぎてしまわないように心がけています。ここに挙げているのは、よく使う3本。どんなジャケットにもあうニットタイ、ネイビーのブレザー+ストライプシャツのコーディネイトで映える赤のネクタイ、そしてグレイのジャケットにあうミリタリーグリーンのネクタイです。

 

ネクタイは特定のモノに愛着を持ち過ぎず、たくさん所有して着こなしに合わせて頻繁に変える主義である。

 

 

 

Q4. カジュアルアイテムのお気に入りは?

 カジュアルシーンで愛用しているのがルビナッチのゴム付きスラックスで、何色も同じものを持っています。ウエストがゴムな上、素材も若干ストレッチなので快適ながら、タックが入った品のあるデザインで気に入っています。そしてこれに合わせる定番はサリアーナジャケット。夏はリネン、冬はフランネルと生地を変えますが、この組み合わせが私のカジュアルの鉄板コーディネイトです。

 

カジュアルスタイルで愛用のゴム付きスラックス。

 

 

 

Q5. 一番好きな靴は?

 ルビナッチのモカシンが大好きで、外用にはもちろん、部屋履きでも同じモデルで中にシアリングが張られたモノを2足持っていて、1足は自宅、もう1足は旅行の際に使っています。外用のモカシンはディアスキンやカーフ、またはスエード、クロコ風型押しなど、モデルは同じで、さまざまなレザ ーを使ったものを持っています。

 

外用も室内用もモカシンを愛用。外用と同じモデルで室内履きを作っている。

 

 

 

Q6. どんな鞄を愛用されていますか?

 鞄は持ちません。鞄は女性たちのための モノですから。

 

 

Q7. 愛用の腕時計を教えてください。

 今、最も愛用している腕時計はパテック フィリップのカラトラバ。クル・ド・パリ装飾 がなされたものです。パテック フィリップの時計は昔から好きで他にも持っていますが、これは結婚した際に妻からプレゼントされた1本です。また、双子の妹キアラからプレゼントされたピアジェも大事にし ています。スポーティなタイプの腕時計で はロレックスやウブロ、ゼニスなどが好きです。

 

今のお気に入りは妻から贈られたパテック フィリップのカラトラバ。

 

 

 

Q8. その他ファッションアイテムで愛用しているものは?

 ひとつはボルサリーノの帽子。もうひとつは沢山のブレスレットたち。これらのブレスレットは入れ替わりはあってもいつも何本かを重ね付けしています。セーリングを本格的 にやっていた20歳ぐらいの頃は、それにまつわるブレスレットが多かったのですが、そこに昔のガールフレンドにもらったものが加 わり……でもそれは長い交際期間を経て結婚した妻からの贈り物に変わっていき……(笑)。そういうわけで今は妻や母など 家族にゆかりのあるブレスレットばかりです。

 

ボルサリーノの帽子とブレスレットの重ね付けはルカ氏の定番。

 

 

 

Q9 愛車を教えてください。

 愛車はブリティッシュ・レーシング・グリーンのレンジローバーです。が、これは休日に海や山に行くときにしか使わず、普段はもっぱら電動キックボードで自宅からアトリエに通っています。なんといってもミラノ市内の渋滞に左右されないで移動するた めには最適ですから。自転車で移動することもありますよ。

 

友人が描いたルカ氏の電動キックボード通勤風景。

 

 

 

Q10. お気に入りのフレグランスは?

 長年愛用しているのが、ジョーマローン ロンドンのブロンズウッド&レザーです。 木の香りが好きなので、この香水を使い 続けています。

 

ご本人のイニシャル入りのジョー マローンロンドンのブロンズ ウッド&レザー。

 

 

Q11. 一番好きなレストランはどこですか?

 私はシーフードが好きなので、ミラノにある魚料理のレストラン、ランゴステリアがお気に入りです。料理のクオリティが最高なだけでなく、サービスのよさも高く評価しています。ここではさまざまな種類のローフィッシュ、またはキングクラブのカタラーナなどをよく食べます。

 

業界人にもファンが多い有名レストラン「Langosteria」。https://langosteria.com/langosteria/

 

 

 

Q12. お気に入りのインテリアは何ですか?

 私はインテリアはモダンなスタイルが好きです。アンドリュー・マーティンが好きで、ロンドンに行くとよくショールームを覗きます。自宅のヴィンテージのソファはアンドリュー・マーティンの生地を張っています。またはマウリツィオ・カテランとかややエキセントリックなアート作品も好きです。

 

 

Q13. お気に入りのお酒はありますか? 

 私はワインをよく飲みます。夏には白ワイン、特にトスカーナ州のアンティノリのチェルヴァロ・デッラ・サーラが、そして冬には赤ワイン、特にトレンティーノ州のフランツ・ハースのピノ・ネロが好きです。またはアマレットのアドリアティコも気に入っていて、夏にはアーモンドミルクで作られたアマレット・ビアンコをレモン入りでロック、冬はノーマルタイプのアマレットにサルビアを入れてロックで飲みます。

 

お気に入りのアマレット、アドリアティコ。右がノーマルタイプ、左がアーモンドミルク。

 

 

 

Q14. 今までで一番よかったと思うホテルは? 

 最近特に好きなのはミラノのマンダリン・オリエンタルです。私はミラノに住んでいるので泊ることはありませんが、アペリティーボをしに行ったり、休日にはスパやマッサージをよく利用しています。モダンでありながらエレガントな雰囲気が好きですね。または、私は会員制サロン、ソーホーハウスのメンバーなので、世界中のソーホーハウスもよく利用します。モダンで美しく個性的なインテリアが気に入っています。

 

セレブ御用達の会員制クラブ、ソーホーハウス。写真はロンドンにある「Soho House Greek Street」。www.sohohouse.com

 

 

 

Q15 別荘はお持ちですか?

 妻の実家に近い、スペインのガリシア地方のバイオナに別荘があり、夏は1カ月くらいそこに滞在します。海の近くにあるので、ビーチに行ったり、家の中にあるプールや庭でのんびり過ごします。5部屋あるヴィッラなので友人を招くことも多いです。いろいろな人を招けるように短期間でかわるがわる招待します。

 

 

Q16. 今までで一番よかったと思うリゾートは? 

 インドネシアのスンバ島にあるニヒ・スンバです。とにかくワイルドで自然がそのまま残っているのにリュクスなんです。エコサステナビリティにも注意を払い、野生の自然を破損しないように建てられているリゾートでもあります。私はサーフィンが趣味なのですが、ここでは世界で最高といわれるプライベートウェーブが楽しめるのも好きな理由です。

 

 

Q17 好きなエアラインは?

 ブリティッシュエアウェイズです。ミラノからのコネクトがいいので、よく利用します。

 

 

Q18 ベストな音楽は?

 音楽はどんなものでも好きで、時間帯によっても気分によっても、そして誰と一緒にいるかによっても聴く音楽は変わります。例えば、朝はソフトな音楽、仕事では主にラウンジ、夕方、友人とアペリティーボをするときなどはジャズ、そして夜、妻と一緒にいるときは彼女の好きなレゲトンを聴くことが多いです。好きな歌手を誰かひとり挙げろ、と言われたら、ナポリ出身のイタリアを代表する歌手、ピノ・ダニエレでしょうね。彼のアルバムはすべて好きです。

 

ナポリ出身のイタリアの国民的シンガーソングライター、故ピノ・ダニエレ。

 

 

 

Q19. ベストな映画は?

 1本はサーフ映画の名作『ビッグ・ウェンズデー』。私はサーフィンをするので、サーフ関連の映画はよく見ます。普段あまり表には出さない自分の別の一面が、こういう映画に反応するのかもしれません。もう1本は『ウォール・ストリート』。映画の面白さもさることながら、登場人物のファッションもいいですね。

 

 

Q20. 好きな本は?

 本はいろんなジャンルのものを読むのですが、最近ちょっと伝記づいていて、今読んでいる本は『スティーブ・ジョブズ』。そして最近読んで面白かったのはアンドレ・アガシの自伝『オープン』です。それぞれ人生に対する考え方が個性的で、とても興味深いと思いました。

 

 

Q21. 今一番夢中になっていることは? 

 現在製作中のプレタの新コレクションが今、一番力を入れていることです。コレクションには新しさとともに、これまでのコレクションを継続する雰囲気を持った定番的要素を盛り込むようにしています。将来的にはシーズンレスなパーマネントコレクションを作りたいと思っています。

 

 

ミラノのアトリエのサロンにて。コーディネイトはもちろんすべてルビナッチで仕立てたもの。今日の装いはカジュアルなチェックのジャケットに、スペインの闘牛士を意識したバンド付きのトラウザーズ。

 

 

Q22. 今一番欲しいものは? 

 4月に娘が誕生する予定なので、娘が無事に産まれてきてくれること。イネスと名付ける予定で、誕生をとても楽しみにしています。ちなみに将来的に男の子が産まれたら、名前は父の名をとってマリアーノにしたいと思っています。

 

 

Q23. あなたの他にお洒落だと思う人は? 

 スタイル別で4人挙げたいと思います。まずクラシックなら、私の父、マリアーノ・ルビナッチ。そしてトレンディなら友人でもあるラポ・エルカン。ダンディならニック・フォルクス(ジャーナリスト)、そしてクールならウェイ・コーですね。

 

ルカ氏が洒落者として挙げたひとり、ニック・フォルクス。ロンドン在住の有名ジャーナリストで、ウェルドレッサー。THE RAKEにも度々寄稿している。

 

 

 

Q24. 今度の休日は何をする予定ですか? 

 次の連休にはイスタンブールに行く予定で、その際にはイスタンブールのソーホーハウスに泊まってみようと思っています。

 

 

 

本記事は2020年1月24日発売号にて掲載されたものです。
価格等が変更になっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

THE RAKE JAPAN EDITION issue32