CAPTAIN IMMORTAL: FRANCIS CURZON

不滅のキャプテン:
フランシス・カーゾン

Monday, December 30th, 2019

彼は1000人の現代のドライバーよりも多くの、

コースアウトとマシントラブルを経験した。

しかし5代目ハウ伯爵フランシス・カーゾンは、

臆することなく何度でもチャレンジを繰り返した。

 

by nick scott

 

 

1928年のRAC国際ツーリストトロフィーレースにて。彼自身の車に乗るカーゾン。

 

 

 メイフェアのパークレーンからバークレースクエアの間に、カーゾンストリートはある。通りの名はカーゾン家から付けられた。彼らのモットーは“カーゾンは持つ、カーゾンは所有する”ということである。

 

 そして第5代ハウ伯爵、フランシス・リチャード・ヘンリー・ペン・カーゾンついての評判は、実に力強く勇敢な男だったということになっている。

 

 レーシング界の長老として知られた彼は、44歳という高齢でブガッティタイプ43のコックピットでトラック・デビューを果たした。それまでに、彼はファミリーの伝統に則って海軍で兵役に就き、第一次世界大戦中には大隊長を務めた(彼はジョージ5世の補佐官のひとりとして、大敗したガリポリの戦いにも参加した)。

 

 

 デビュー・レースは、1928年のニュータウンアーズでのアイリッシュ・ツーリスト・トロフィーで、ハウは燃料タンクが破裂してリタイアするまで、平均112km/hのラップタイムを叩き出した。

 

 ハウは、イートン校、オックスフォードのクライスト・チャーチで教育を受けた。

 

 1918年の総選挙では、保守党より出馬し、バタシーサウスの議席を獲得していたが、議員生活に別れを告げ、本格的にレーシングキャリアを始めた、ル・マン24時間レースに毎年挑戦し、1931年にタルボ、アストン・マーティン、メルセデス・ベンツの牙城であった同地で勝利した。

 

 これは今では聞かれなくなった、モータースポーツの黄金時代のロマンティックな逸話だ。彼の運転したアルフォロメオは、その前日、ベンゾールを使ったことによって、ピストンの焼き付きを起こし、徹夜で修理されたばかりだったのだ。

 

 

1 2