JOHN T.A.VANDERSLICE INTERVIEW

大阪・中之島に誕生した
スマート・ラグジュアリーホテル
「コンラッド大阪」の魅力とは?

Saturday, June 17th, 2017

ヒルトン ラグジュアリー&ライフスタイル ブランド グローバルヘッド

ジョンT.A.ヴァンダースライス

 

text kentaro matsuo

 

JohnVanderslice_1

JOHN T.A.VANDERSLICE

ジョンT.A.ヴァンダースライス

1961年、ニューヨーク生まれ。ボストン・カレッジ経営学部卒業。レストランやスパを含む様々なホスピタリティ企業で役員職を経験。全世界で65のレジャー・リゾートを擁するクラブメッドのアメリカ法人にて社長兼CEO。2009年ヒルトンに入社。ヒルトンが世界で展開するラグジュアリー&ライフスタイルブランドの統括責任者として「ウォルドーフ・アストリア・ホテルズ&リゾーツ」「コンラッド・ホテルズ&リゾーツ」「キャノピーbyヒルトン」という3つのブランドの指揮を執っている。

 

 

 

 近年発展著しい大阪の街に、また一つ新しいランドマークが誕生した。中之島フェスティバルタワー・ウエストの最高層階(33〜40階)を占める「コンラッド大阪」である。ヒルトン・グループの最上級ブランドであるコンラッドとしては、東京に次ぎ、国内2軒目となる。

 

 そのコンセプトは“Your Address in the Sky-雲をつきぬけて-“というもの。ロビーや客室には大きな窓が設えられており、地上200メートルの高さから、大阪のビル群と遥か遠くに連なる山々、ふたつの川が運ぶ豊かな水が流れ込む海を見渡すことができる。

 

 164室ある客室のすべてが50平米以上の広さを誇り、ゲストはゆったりとした滞在を楽しめる。バラエティ豊かな4つのレストランと、バー&ラウンジ、最新鋭のAV機器を備えたバンケット、スパ、プール、24時間オープンのフィットネスクラブ、素晴らしい眺望のウェディングチャペルなど、その設備は国内随一といえる。

 

フェスティバルタワー・ウエスト外観

「コンラッド大阪」は、大阪・中之島に誕生した、中之島フェスティバルタワー・ウエストの33~40階を占める。

 

 

 今回、オープンに合わせて来日した、ヒルトン ラグジュアリー&ライフスタイル ブランド グローバルヘッド、ジョンT.A.ヴァンダースライス氏にインタビューする機会を得た。

 

「このホテルには3つの魅力があります。ひとつめは“大阪”ということ。私は最近いくつかの週末を大阪にて過ごしましたが、ここは本当に活気に満ちた街です。80軒ものミシュラン星付きレストランがあるところなんて、そうはないでしょう。東京におけるコンラッド・ブランドの大成功を受けての進出ですが、大阪での成功も間違いありません。

 

 それからふたつめは“デザイン”です。ホテル自体のデザインにこだわったのはもちろん、加えてここには、たくさんのモダンアートが飾られています。アートはラグジュアリーを愛するゲストにアピールできる、よき手段なのです。われわれはゲストとの“コネクション”を何よりも大切にしています。

 

 そして3つめは、“チームのエネルギー”ということです。ホテルはオープンしたばかりですが、どのスタッフも真剣になっているのが伝わって来ます。ヒルトンの社是は、“ホスピタリティ”ということです。すべてのスタッフが、いかにしてお客様に喜んでもらえるかを考えているのです」

 

40階ロビーエントランス①

ゲストを迎えるロビーラウンジ入口には、風神雷神をモチーフにした名和晃平氏のアート“Fu / Rai”が置かれている。

 

 

1 2 3