October 2022

POWER, SUITS

テーラード・スタイルの今

長かったコロナ禍もようやく落ち着き、きちんと装うべき機会が増えている。
事実、高級スーツやジャケットの売り上げは、驚くほど復調しているという。
そこで今回は、今注目すべきテーラードの最前線を取り上げてみた。
photography kim lang
fashion direction grace gilfeather

タイトシルエットを
貫くのもまたよし
スーツはイタリアの最高級ブランド、ブリオーニの「ブルニコ」モデル。狭めのラペル、ノータックのベルトレス・トラウザーズと、シャープでタイトなシルエットが特徴だ。体型に自信があるなら、これ以上の一着はない。
スーツ ¥649,000、シャツ ¥90,200 both by Brioni ネッカチーフ Budd Shirtmakers サングラス Cutler & Gross リング、ブレスレット Raashid’s own

100m先からでもわかる
特徴的なショルダー
フランスの雄、チフォネリのスーツは、「100m先からでもわかる」と評されたコンケーブ・ショルダーが特徴的だ。プリンス・オブ・ウェールズ・チェックのスリーピースは、ワードローブにぜひ加えたいクラシックアイテムである。
スーツ、シャツ、タイ、ポケットチーフ all by Cifonelli メガネ Raashid’s own

サヴィル・ロウと
ロックンロールの融合
英国サヴィル・ロウの伝統と1960年代のロックンロール・スピリットを併せ持つエドワード・セクストンの服は、ソフトスーツ全盛の今にあって、ひときわ異彩を放つ。伝説のテーラー、トミー・ナッターのDNAを受け継ぐ、現代のレジェンドがつくりあげた逸品だ。
スーツ、シャツ both by Edward Sexton 帽子 参考商品 Lock & Co. 時計「ロンジン マスターコレクション」自動巻き、SSケース、40mm ¥462,000 Longines メガネ Cubitts ポケットチーフ、ブレスレット Raashid’s own

ブラウンのリネンスーツは
秋口に似合う
クラシックなチョコレートブラウンのリネンスーツは、ぜひワードローブに加えたい一着。リネンは薄手ではなく、ややヘビーウエイトのものを選べば、着こむほどに味が出る。秋口こそ、リネンスーツに袖を通すべき季節なのだ。
スーツ、シャツ、タイ all by Edward Sexton 時計「タンク ルイ カルティエ」手巻き、18KYGケース、33.7×25.5mm ¥1,465,200 Cartier メガネ、リング Raashid’s own

世界で最もアイコニックな
スリーピース
ラルフ・ローレンがデザインするパープル レーベルのピンストライプ・スリーピースは、世界で最もアイコニックなスーツのひとつであることは間違いない。英国の伝統、イタリアのソフト仕立て、そしてアメリカのパワースーツ的要素が、すべてこの一着に詰まっている。
スーツ、シャツ、タイ すべて参考商品 all by Ralph Lauren Purple Label タイバー Alice Made This 靴下 参考商品 London Sock Co. 靴 参考商品 Crockett & Jones 時計「ロンジン マスターコレクション」自動巻き、SSケース、40mm ¥462,000 Longines メガネ Cubitts リング Raashid’s own

Model:⁠Raashid Hooks
Grooming:Simon Izzard using Ren Skin Care
Photography Assistant: Derrick Kakembo
Location:Courtesy of JJ Media


本記事は2022年9月26日発売号にて掲載されたものです。
価格等が変更になっている場合がございます。あらかじめご了承ください。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 48