Tuesday, December 2nd, 2014

JEREMY HACKETT

「正しいこと」は彼に聞け

ブリティッシュ・トラッドの貴公子は、やはりその粋な出で立ちに相応しい家に住む。
そこで、英国が薫る素材で作った服を持ち、一生つき合う帽子や靴を大切にする。
こうなると、生きていることだけで、ファッションなのである。
text masatoshi mori photography ryuji araki

JEREMY HACKETT / ジェレミー・ハケット1953年英国ブリストル生まれ。ハケット ロンドンの創業者(現在は会長)。伝統的な英国ファッションに独自のセオリーとディテールを組み込むブリティッュ・トラッドの貴公子。多方面で活躍する粋な才人で、彼のブログも好評を博している。
http://www.jeremyhackett.com/

「特に庭をひどく荒らされた」というが、心ない取材を受けて家中をめちゃくちゃにされてから、プレスを自宅に招くことはしばらくなかったという。しかし今回は、筆者との長くなるばかりのつき合いと、『THE RAKE』の日本版創刊ということに免じて、「特別だよ」と快く許可してくれた。

 そんなジェレミー・ハケット氏の自宅はまさに「粋」の宝庫だ。英ライフスタイル誌で、“イングランド一センスが良いコテージ”にも選ばれたことがあるこの家は、ロンドンの南部、テムズ川をほんの少し越えた何の変哲もない街の閑静な一角にある。

 地下鉄の最寄り駅から、大通りを歩いて目印のパブの手前の路地を左に入ると、住所を示すローマ数字だけが刻まれた緑の木製の門がひっそりとある。その門をくぐって、奥の砂利道を20メートルほど歩いて進むと、「僕らだけの秘密だよ」とでもいうように、ハケット氏のテイストでさりげなくも注意深く飾られた住居が潜んでいる。

 かつては一緒に連載も作っていたため、定期的に何度も訪れていた家だが、いつ来てもその居心地の良さは格別だ。

 屋内に招かれると、そこでまたいつものように「A cup of tea?」と紅茶を勧めてくる。とことんイングリッシュだ。美味しいミルクティーが注がれ、これで準備万端となると、ハケット氏の楽しい話がはじまる。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 01
1 2