Wednesday, July 20th, 2016

GETTING TECHNICAL
主役化するハイテク素材

現代的な正統派デザイナーたちが一様に、
ファブリックのイノベーションに力をいれている。機能性、実用性への要求に
応じるため、現代のサルトリアリズムは変化しつつあるのだ。
text aleksandar cvetkovic photography charl marais fashion direction jo grzeszczuk

コレクションを彩る新勢力 2016年春夏コレクションで、多くのブランドが、従来のコレクションとは明らかに違う趣向を打ち出してきた。カジュアルなアウターウェアやスポーツウェアを、クラシカルなテーラーリングの要素と融合させたのだ。
 ベルルッティやボッテガ・ヴェネタなどのブランドは、加工シルクやサテン仕上げの素材をテーラードのアイテムに多用したほか、ジル・サンダーはハイテク素材による傑作を発表した。ジョルジオ・アルマーニは、ハイテク素材のブレザーと軽量なドレープパンツに、玉虫色のハイテク素材を用いた現代的なジップアップのシャツやブルゾンを合わせた。
 ディオールのランウェイでは、シンプルかつエレガントなペールブルーのドレスシャツにダークネイビーのネクタイ姿というクラシックな美と、激しい風雨に耐えられる防水加工が施されたマッキントッシュや大きめなシルエットの薄手のコートが、並列で扱われていた。あたかも、フォーマルなスーツやジャケットが、より機能的なアウターウェアに道を譲ることを示唆するような演出だったのである。

あの有名老舗ミルメーカーも もちろんフォーマルウェアも、このハイテク化の波に乗っている。サヴィル・ロウ1番地にあるギーブス&ホークスの2016春夏コレクションでは、テーラードの服やカジュアルウェアとともに、加工シルクのトレンチコートや機能性の高いボンバージャケット、ブルゾンなどが披露されていた。
 さらには、伝統的なテーラーにファブリックを提供している老舗生地メーカーさえも新たな試みに乗り出している。たとえばイタリアのヴィターレ・バルべリス・カノニコは、“アース・ウィンド&ファイアー”というテキスタイルのラインを始めている。従来のウーステッドウールのスーツの見た目や特徴を損なうことなく、きわめて高い機能性を発揮するウーステッド素材である。
 他にも防水生地、防風、防水加工されたスーツ生地、自然素材のストレッチ生地などがあり、いずれもスーツ生地としての要素を残しながらも、より機能性に特化した生地が続々と誕生している。

止まらぬハイテク化への勢い 今後、ハイテク素材はあらゆる局面で使われることだろう。以前よりもはるかに世界中を飛び回るようになったライフスタイルの中で、現代の男性たちはこれまで以上に機能的かつ軽量な服を求めているのだ。そのニーズに応えるためにも、デザイナーたちは自らのクリエーションの完成度に妥協せず、このようなアイテムを送り出しているというわけだ。
 2016春夏コレクションにおける、数々の進化したハイテクアイテムは、まさに新鮮そのもの。素晴らしき新たな世界には、素晴らしき新ファッションがふさわしい。そう、いま我々は素晴らしき新世界に直面しているのである。

PHOTOGRAPHER’S ASSISTANTS: LOTTI BREWER-GMOSER
DIGITAL OPERATOR: JAKUB GESSLER
FASHION ASSISTANT: MILLIE BRADSHAW
GROOMING: FAI ARCHER USING KERASTASE AND CHANEL
MODEL: RODOLPHE ZANFORLINI / SUCCESS

THE RAKE JAPAN EDITION issue 11