Thursday, June 15th, 2017

THE CHILD IN TIME
やがて美女になる美少女

女優ブルック・シールズは実に上手く歳を重ねてきた。
芸能界における彼女の半世紀を振り返ると、子役としてのキャリアを長期的な成功へ発展させるという、ハリウッドでも稀有な偉業が見えてくる。
text david smiedt

 “セックスシンボルでなくなったことを象徴する出来事の歴代ランキング”があるとするならば、ブルック・シールズがディズニーのコメディドラマ『シークレット・アイドル ハンナ・モンタナ』で主人公の母親役にキャスティングされたことは、間違いなく上位に入るだろう。しかし、このシリーズを見て彼女を“セクシー系熟女なのにまずオカズにされないような、よくいるタイプ”と片づけた人がいるとしたら、残念ながら何もわかっていないと言わざるをえない。

セクシーすぎた子役時代

 1965年、自身もモデルであったブルック・シールズの母テリーは、その遺伝子を見事に受け継いだ驚くほど美しい娘を産んだ。1年後に離婚したテリーは、この美しい娘を見てすぐさま“キャスティング”することを思いついた。その結果、ブルックは1歳の誕生日を待たずして、モデル活動をスタートさせることになった。10年後、日に日に並外れて美しくなるブルックの姿を目の当たりにしたテリーは、ヌードモデルの仕事をさせる頃合いだと考えた。その2年後、ブルックは映画『プリティ・ベビー』で少女娼婦を演じ(年齢を計算して嫌悪感を抱かないように警告させていただく)、自身の持つロリータ的な魅力を最大限に発揮した。
 そして1980年、テリーはあのお粗末な映画『青い珊瑚礁』にブルックを出演させる契約を結んだ。同作は、太平洋の島に置き去りにされたティーンエイジャーの男女が性の目覚めを経験する、“乳首が見えそうで見えない”映画である。ブルックがカルバン・クラインのジーンズのイメージキャラクターを引き受けたのもこの頃だった。広告の目玉となったのが、この不朽の名台詞だ。
“You wanna know what comes between me and my Calvins? Absolutely nothing.”
ダブル・ミーニングを駆使したこのフレーズは、「未成年の私の大陰唇と世界の間には、薄いデニムのマチしかないの」とでも解釈できるものだった。
話は飛んで1年後、性的同意年齢に達したブルックは『エンドレス・ラブ』で主演を務めた。同作もまた、ティーンエイジャーの男女が性の目覚めを経験する、やっぱり“乳首が見えそうで見えない”映画だった。何年も経ってから、自分が搾取されたと感じるかと聞かれたブルック・シールズは、こう語った。
「枕営業をするにはあまりに幼すぎて、“役を手に入れるために”と言われたことは一度もなかった。才能以外のものが利用されるとき、搾取は必ず起きるわ」

華麗に歳を重ねて

 危険だらけの子役時代を経て、ひっそりと学園生活を過ごした後、再び世に現れたブルックはすっかり成熟した女性になっていた。説得力のある弁舌と威勢のいい態度は、その美しさを際立たせていた。こうした気質が顕著に表れたのは、2012年に他界した母親を擁護するときだった。ブルックは自叙伝において、テリーのアルコール依存や時に激しすぎた野心についてありのままを語る一方、次のような意見も述べている。
「最近は子役より、その母親が注目を浴びている。話題になるのはいつも母親の装いやスタイルばかり。私の母が異なっていた点は、度胸があって私のためにいつも奮闘してくれたけど、自分が写真を撮られることをひどく嫌がったこと」
ブルック・シールズほど子役の母親に対してコメントするのにふさわしい立場にある人はいないだろう。彼女は自身の経験を踏まえて積極的にコメントしている。自著では、2003年に娘が誕生した後、産後うつ病と自殺願望に見舞われた経験を率直に記した。2年後、彼女はトム・クルーズと大喧嘩をすることになるのだが、その原因は、トムが抗うつ薬の使用を批判したことだった。服薬を「無責任」と責めるトムに対し、彼女はこう応じた。
「トムは宇宙人から世界を救う仕事に専念して、産後うつ病の女性たちには自分に最適な治療法を選ばせてあげるべきよ」
ここに至るまでに、ゴシップ紙の格好のネタになる出来事もいくつか起きた。テニスプレイヤーのアンドレ・アガシとの結婚もそのひとつだ。アガシは自伝の中で「ふたりで一緒にいた期間のうち、最初はずっとクリスタル・メス中毒だった」と告白している。それが彼に大胆なプレーの才能をもたらしたということか。
仕事に関していえば、ブルック・シールズは子役としてのキャリアを大人のキャリアへ発展させるという、ハリウッドでも珍しい成功を収めている。しかも、そのキャリアは実に変化に富んでいる。アメリカの深夜テレビ番組に何度も登場したり、人気コメディ『ブルック・シールズのハロー!スーザン』に出演する一方、ブロードウェイやウエスト・エンドでは『シカゴ』、『アダムス・ファミリー』、『キャバレー』といったショーで美しい歌声を披露した。
彼女は今や、ふくれ面を笑顔に変え、氷のようなセクシーさの代わりに温もりを漂わせ、思い通りのキャリアを築いている。人生を振り返るとき、これらはすべて成功と見なすべきものである。そしてもちろん、カルバンのジーンズを身に着けた彼女は相変わらず美しい。

R_rexfeatures_1431566a-rf.jpg

Brooke Shields
ブルック・シールズ
1965年生まれ。生後11カ月でモデルデビュー。一躍人気子供モデルとなる。映画『プリティ・ベビー』では12歳にして娼婦を演じて話題に。マイケル・ジャクソンとは子役時代からの付き合いで、交際していた時期もある。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 14

Contents