WOVEN TRACK RECORD

織物師の矜持

Wednesday, April 21st, 2021

 

さりげない着こなしの真髄

 

「私の友人のポール・スミスは、ツイストを加えたクラシックの達人です。私は英国のユーモアのセンスが好きなんです。一方、ブルネロ・クチネリは、ベージュやライトグレイのような色を使ってラグジュアリーを演出するのが得意です。スマートで、人を若々しく見せながらも、安心感を与えてくれるコレクションです」

 

「“スプレッツァトゥーラ”というのはイタリア語ですが、その真髄を知っているのは英国人だと思います。英国の紳士が赤や紫のソックスをはいていたり、若い人がパッチポケットのついた古いジャケットを着ていて、『ああ、これは私の祖父のものだった。50年前にアンダーソン&シェパード社が作ったもので、修理してもらったばかりなんだ』と言っていたりするのを聞くと、英国人は本当にこの言葉の意味を理解して、自分のものにしているのだと感じます」

 

ストックされたカラフルなファブリックのセレクション。

 

 

 

「ワードローブは、きちんと手入れをすれば一生使えるものを、ゆっくりと積み上げていくべきだと思います。私はお客様に、スーツは20年持つべきものだと言っています。まるで第二の肌のようになり、素晴らしい相棒となってくれるはずです」

 

「良い品というものは、何回もトライアンドエラーをして生まれるものです。例えば、ひとつのデザインを10回、15回とやり直しても、なかなかうまくいかないことがあります。デザイナー全員と話し合いをして、提案を重ねていきます。いつもチームで行動しています。まるでゲームのような感じです。『ほら、これをやってみよう。これは今までやったことがないことだから、こっちをやってみないか? もっと他のことをやってみないか?』」

 

「私たちはいつも、2年後にお店に並んでいるものを想像するようにしています。しかし今は、どんな色が流行るか、どんな生地が人気になるのか、誰にもわかりません。 わかっているのは、誰もが着ていて楽しい生地を求めているということだけです」

 

 

1 2 3 4