THE RAKE TAILORED GARMENTS SPRING/SUMMER 2021 COLLECTION

ザ レイク テーラード ガーメンツ
2021春夏コレクション

Tuesday, April 6th, 2021

ロックダウン後の新しいシーズンに向けて、THE RAKEのチームは、快適さとフィット感、そして卓越したスタイルを持つ新しいコレクションを作りあげた。

それがザ レイク テーラード ガーメンツだ。

クオリティとプライスのバランスは最高である。

エシカルな面や、サステナビリティにも配慮している。

既製服としては前代未聞ともいえる、素晴らしいラインナップが揃った。

 

 

fashion director veronica perez

by wei koh

photography kim lang

 

 

 

ザ レイク テーラード ガーメンツのアイボリーのリネン製ダブル・ジャケット、US$565、アイボリーのリネン製トラウザーズ、US$190。

 

 

 この1年、これを読んでいる方々と同じく、私もたくさんのことを思ってきた。ハグして笑い、食事を共にする友人たちのことを夢想してきた。このようなことが、おそらく夏の終わりにでも起こるのではないかと考えると、新たな希望が湧いてくる。目を閉じると、未来が想像でき、まるで自分がそこにいるような気がしてくる。

 

 THE RAKEのオリジナル・ブランドであるザ レイク テーラード ガーメンツも2シーズン目を迎えた。新しいコレクションは、昨今のカジュアル化を反映したものにしたかったが、同時に、完璧なカットとフィットにもこだわった。

 

 トラウザーズを膝下までロールアップし、足を砂につけてビーチを歩くのに、ぴったりなテーラード・アイテムにしたかったのだ。リラックスできながらもエレガントで、控えめながらも力強いものを目指した。いつも部屋の中で一番クールな男だと感じられるような服だ。ピュアで、オーセンティックで、マストアイテム的なものだ。

Off-White Wool Gabardine Pleated Trousers Off-White Wool Gabardine Double-Breasted Jacket
Off-White Wool Gabardine Pleated Trousers

$ 195

Off-White Wool Gabardine Double-Breasted Jacket

$ 580

 

 

 しかしまた、経済的に手の届く価格であることも重要なポイントだ。私たちは、メイド・イン・イタリーの職人技によるクオリティを維持しながら、誰もが購入できるような価格設定に努めた。ジャケットはUS$600、美しいトラウザーズはUS$200以下で提供している。

 

 ロレンツォ・チフォネリ氏、そしてファブリック・メーカーのロロ・ピアーナとの素晴らしいコラボレーション“ロレンツォ チフォネリfor THE RAKE”に習い、今回、私たちのチームは、服を着た人が、まずどのように感じるかを重要視した。

 

「お客様がTHE RAKEのジャケットを初めて着たときの感覚を想像してみてください。どう思われたいですか?」とチフォネリ氏は尋ねた。

 

「心地よさと開放感を同時に感じてもらいたい」と私は答えた。

 

「それならば、工場に戻って、それを実現するまで、何度もコンストラクションを変える必要があります」とチフォネリ氏は断言した。

 

 

 

 

 そこで私たちは、シャツと同じ感覚でジャケットの構造を作ることを目指し、ゼロからスタートした。そして、裏地や中綿をどんどん削っていき、必要最低限のものだけを残すようにした。

 

 このプロセスで、快適性と自由な動きを求める一方で、スタイルとフィット感も追求した。

 

「カジュアルなシャツのような感覚のジャケットを作りたいのですが、同時に、鏡を見たときに “ガッデム、俺はセクシーだぜ! “と思えるようなものでなければなりません」と私はチフォネリ氏に言った。

 

 チフォネリ氏は笑いながら答えた。

 

「フィット感とデザインですね。これは簡単なようでいて、実はそうではありません。男性が男らしくセクシーに見えることを目的とするならば、ピークの形、ゴージの角度、胸ポケットの位置と形、肩の構造、ポケットの配置、プリーツの長さ、胸の形、サイドシームが作るラインなど、あらゆるディテールを考慮しなければなりません。それぞれの要素が最適化されているだけでなく、すべてが調和していなければなりません。たったひとつの要素がズレているだけで、その調和は崩れてしまいます」

 

 

Tan Wool Gabardine Pleated Trousers Tan Wool Gabardine Double-Breasted Jacket
Tan Wool Gabardine Pleated Trousers

$ 195

Tan Wool Gabardine Double-Breasted Jacket

$ 580

 

 

 そしてTHE RAKEのチームは、細部に至るまで精査し、こだわり抜く作業を始めた。US$500弱のシングル・ブレステッド・ジャケットは、フロントが閉じていても、開いていても、体にフィットして美しい形のものにしたかった。つまり、ジャケットのフロント・クォーターの形状は、ドラマチックな頂点に達した後、適度にフレアしていなければならなかった。

 

 THE RAKE英国版編集長、トム・チェンバレンは言う。

 

「フロントクォーターの形状が重要でした。開きすぎるとジャケットが下品になり、閉じすぎてもつまらなくなってしまいます。われわれはジゴロでも税理士でもなく、THE RAKEなのですから」

 

 次に重視したのはシルエットだ。堂々とした胸部を持ち、かつ体にフィットする形状だ。THE RAKEのチーフ・エグゼクティブであるアラン・ガファンディはこう語る。

 

「動く度にジャケットの胸がシャツから離れてしまうのが嫌なんです。ジャケットは上半身にフィットしていなければなりません」

 

 

 

 

 THE RAKEのマネージング・ディレクターであるドリュー・レイドロー・ホーアはこう付け加える。

 

「バックネックのフィット感が重要でした。スーツの後襟が首から離れているジャケットほど最悪なものはありません。しかし特に痩せている人だと、こういうことが起こります。そこで、動いているときでも、後ろ襟がぴたりとフィットしているように、ひたすら努力しました。私は、フレッド・アステアがアンダーソン&シェパード社の鏡の前で踊って、スーツのバックネックをチェックしたという逸話が大好きです。踊ることまではしませんでしたが、私たちは何度も試作品を試着しました」

 

 THE RAKEの事業開発責任者であるリッカルド・ザンボンは言う。

 

「工場からの返事は、『君たちはクレイジーだ』というものでした。最も軽い構造にして、シャツのようなジャケットを実現すると同時に、完璧なフィット感も求めたからです。しかし、彼らは怒るどころか、そのプロセスを楽しんでくれました。『こんなに多くのことを要求したクライアントはいなかったが、ひとつやってみよう。われわれも学んでいくのだ』と言ってくれたのです」

 

 

Optic White Cotton Drill Pleated Trousers Ivory Irish Linen Pleated Trousers
Optic White Cotton Drill Pleated Trousers

$ 150

Ivory Irish Linen Pleated Trousers

$ 195

 

 

 ジャケットのボディが完成した後、私たちはショルダー部に着手した。ナポリの有名な“マニカ・カミーチャ”のショルダーは、小さなアームホールに大きな袖山をはめ込み、プリーツやシャーリングの効果を生み出すものだが、これは手作業でなければできない工程で、アームホールに袖を、ゆっくりと丹念に送り込まなければならない。

 

 われわれのジャケットは、肩部分にシャーリングを施し、最高の動きやすさを実現したいと考えた。そして何より、見た目がクールである。

 

「2020年でよかったことは、全員がこのプロジェクトに取り組む時間を持てたことです。生産を委託した工場でさえ、無限に続くかと思われる試作品作りに完璧に応じてくれました」とガファンディは言う。

 

「ザ レイク テーラード ガーメンツを立ち上げたのは2020年でしたが、2021年は、“タブラ・ラサ(白紙状態)”から始めました。構造とフィット感の観点から、これはまったく新しい、はるかに改良されたジャケットです」

 

 

Optic White Cotton Drill Single-Breasted Jacket Ivory Irish Linen Double-Breasted Jacket
Optic White Cotton Drill Single-Breasted Jacket

$ 500

Ivory Irish Linen Double-Breasted Jacket

$ 580

 

 

 最終的なプロトタイプを受け取った私たちは、ロレンツォ・チフォネリのアドバイス通り、ボタンを留めたり外したりして、動き回ってみた。当初の目論見は確かに達成された。ジャケットは驚くほど軽く、重さを感じさせなかった。ほとんどのスタッフは、家の中で日常的な作業をするときにも、ジャケットを脱ぐことはしなかった。そして、鏡に映った自分の姿を見て、誰もがジャケットのフィットしたバランスの良いカットに感動した。

 

 シングル・ジャケットのデザインは、時代に左右されないものにしたいと思った。つまり、ラペルの幅や着丈など、すべてば中庸だということだ。男らしさを強調するために、胸ポケットはバルケッタ形をややスラントさせて取り付けた。

 

 チェンバレンはこう説明する。

 

「ノッチについては、現在のトレンドである空高く伸びるゴージを避け、クラシックなゴージをあるべき位置に配置しました。私たちは、このジャケットを一過性のトレンド商品ではなく、永遠に着続けられるものにしたかったのです」

 

 レイドロー・ホーアは重ねて言う。

 

「私は、オーストラリアのテーラーであるP.ジョンソンをはじめ長年小売業に携わってきましたが、クラシックなメンズウェアはいつも変わらないものです。3つのボタン、ボタンの間隔、完璧な幅のラペル、そしてナポリ式の肩の組み合わせなどです。ジャケットはとてもソフトなので、ポロシャツやTシャツ、プリントされたハワイアンシャツなどと合わせてドレスダウンしても素敵です。ポストコロナの時代に、人気が出そうな着こなしです。ルーズフィットの服とは対照的に、これらの服は着る人々を美しく見せてくれます」

 

 

Navy Cotton Drill Pleated Trousers Navy Cotton Drill Single-Breasted Jacket
Navy Cotton Drill Pleated Trousers

$ 150

Navy Cotton Drill Single-Breasted Jacket

$ 500

 

 

 ザンボンはつけ加える。

 

「シングル・ジャケットを完成させた後、ダブル・ブレステッド・ジャケットでも同じ作業を行いました。構造が完璧になったところで、ジャケットのデザインについて議論を始めました。THE RAKEスタッフの中には、去年作った6つボタン下ひとつがけのジャケットは、誰もが好むものではないと感じている人もいました。クラシックな6つボタンふたつがけが好きな人も多かったのです。そこで真ん中のボタンも下のボタンも留められる、変形可能なダブル・ジャケットを作るというアイデアが出ました。イタリア語で「ドッピオペット・トランスフォーマビレ」と呼ばれるタイプです。

 

 ガファンディは説明する。

 

「サルトリアの歴史の中で、これは伝説的なダブル・ジャケットです。ローマの有名なテーラー、ドメニコ・カラチェニが考案したもので、今日ではミラノのA.カラチェニやナポリのルビナッチなどで、オーダーメイドでのみ作られています」

 

 THE RAKEのソーシャル・メディア・マネージャー、リケシュ・チャウハンは言う。

 

「このスタイルを広めたのはルカ・ルビナッチ氏です。彼がアイボリーのリネン製ダブルブレステッド・ジャケットを着ているのを、誰もが見たことがあるでしょう。変形可能なダブル・ジャケットは、ひとつがけとして着用した場合、ラペルに中央にボタンホールが出て、必ず見分けることができます」

 

 レイドロー・ホーアは言う。

 

「これまでこのタイプのジャケットが既製服として提供されてこなかったのは、作るのが非常に難しいからです。ラペルは、真ん中のボタンの位置だけではなく、一番下の位置までロールするようにしなければなりません。つまり、ラペル用のキャンバスは柔軟でなければならず、そこが難しいところです。このジャケットの良さは、ビジネスタイムには真ん中のボタンを留めて着用し、夕方には下のボタンに変えて、ディナーに最適なリラックスしたラウンジスーツとして着こなすことができるところです。したがって、ジャケットにはジガーボタン(ジャケットの打ち合わせを留める、内側のボタン)がひとつではなく、ふたつあります」

 

 

Tobacco Irish Linen Pleated Trousers Tobacco Irish Linen Single-Breasted Jacket
Tobacco Irish Linen Pleated Trousers

$ 195

Tobacco Irish Linen Single-Breasted Jacket

$ 580

 

 

 チェンバレンは言う。

 

「変形可能なダブルブレステッドは、既製服では初めての試みです。オーダーメイドの要素を取り入れ、既製服に導入するという、私たちのビジョンをよく表しています。これを実現するには、長年にわたるテーラーリングの経験が必要でした。このジャケットを作るためには、THE RAKEのファウンダーであるウエイ・コーの私物のジャケットをバラして、芯地のキャンバスがどのように取り付けられているかを、確認しなければなりませんでした」

 

 ガファンディは続ける

 

「最終的に、この新しい変形可能なダブル・ジャケットは、私たちが最も誇りに思う成果のひとつとなりました。デザインの面では、シングル・ジャケットのようにフィットしたシルエットにしたいと思いました。ラペルは、個性を出すためにほんの少しだけ幅広にしましたが、極端にはしていません。ラペルのゴージとピークは、高すぎず低すぎずのクラシックな位置にあります。このジャケットのプロポーションとフィット感は完璧で、シングルと同じく、鏡を見るまで着ていることを忘れてしまいそうです」

 

 ザ レイク テーラード ガーメンツの変形可能なダブル・ジャケットは、アイボリーのリネンのほか、ホワイトまたはタンのギャバジン製もあり、価格はUS$565だ。

 

 レイドロー・ホーアは言う。

 

「私たちのダブル・ジャケットは、男性のセクシーさを追求したものです。ラペルの形状、ポケットの傾斜、そして、ボタンの位置を変えるというマジック・・。最も重要なのは、このジャケットが、さまざまな体型の方にフィットし、それぞれのキャラクターを引き立てるように設計されていることです」

 

 ザ レイク テーラード ガーメンツでは、ジャケットだけでなく、まったく新しいトラウザーズも提供している(US$150〜190)。昨年のたっぷりとしたシルエットのトラウザーズとは違い、新しいジャケットのシルエットに合わせて、ややスリムなモデルを作った。しかし、同時に快適性も劇的に向上した。

 

 ガファンディは言う。

 

「サイクリストである私は、脚が細く見えるトラウザーズが好きですが、太ももの部分がきつすぎるのは嫌いです。そこで、この新しいトラウザーズを作る際には、まず思い切ってプリーツを深くすることにしました。前身頃に布を追加し、シルエットをきれいに保ちながら余裕を持たせることができました」

 

 レイドロー・ホーアは言う。

 

「この深いプリーツは、リチャード・ギアが『アメリカン・ジゴロ』で着ていたような、1980年代のアルマーニのトラウザーズを思い出させます。コレクションをよりカジュアルにしたかったので、サイドアジャスターではなく、ベルトループを採用しました」

 

 

 

 

 チェンバレンが続ける。

 

「その結果、私たちが考える完璧なトラウザーズが完成しました。最近、ワイド・トラウザーズが見直されていますが、グレイハウンドのように、痩せていて手足が長い人でないと、どことなく滑稽に見えてしまいます。この細身のトラウザーズは、プリーツが深くとってあるのが特徴です。プリーツは決して見苦しく開くことはありません。センタークリースが美しく裾まで落ちていき、動きの幅も広がります」

 

 ザ レイク テーラード ガーメンツの新コレクションの価格は、さらにアクセシブルになっている。

 

「ジャケットがUS$600、トラウザーズがUS$200という価格は、イタリア製で、世界最高の素材を使っていることを考えると、実にリーズナブルだと思います」とガファンディは語る。

 

「このコレクションは、価格的には、ロレンツォ・チフォネリとロロ・ピアーナとのコラボによる一連のラインの下に位置しています。その理由は、クラシック・エレガンスとテーラード・スタイルの世界に、次世代への橋渡しが必要だというロレンツォの考えに賛同したからです。つまり、これは私たちTHE RAKEの世界への入り口のようなものです。しかしだからといって、クオリティにおいて妥協はしていません。2020年にはすべての人の価値観が変わりました。私たちは、本物のヴァリューとエシカルなビジネスへのコミットメントの証として、このコレクションを提供したいと考えています」

 

 

ブランドページへ