THE OMEGA SPEEDMASTER: THE SARTORIAL CHOICE

オメガ スピードマスター
装いとしての選択肢

Wednesday, January 8th, 2020

オメガのスピードマスターは、宇宙飛行士の時計の元祖である。

そこで、ニール・アームストロングとバズ・オルドリンが月面に降り立ってから50年にあたる2019年、

THE RAKEは6月のピッティ・ウォモにて親しい仲間たちの力を借り、

このアイコニックなタイムピースの記念行事を開催した。

 

by wei koh photography jamie ferguson

 

 

左から:マーク・チョー氏、ロレンツォ・チフォネリ氏、ニコラ・リッチ氏、カール-エドウィン・ゲール氏、ファビオ・アッタナシオ氏、アレッサンドロ・スクアルツィ氏、アンドレス・ヴェレンコソ氏、イーサン・ニュートン氏、ロバート・スパングル氏、セルジオ・グアルディ氏。

 

 

 ご存じの通り、私の心の大部分はオメガのアイコン、スピードマスターへの愛情で満たされている。元々はカーレース文化に向けて作られた時計だが、NASAがマーキュリー計画およびジェミニ計画の宇宙飛行士の公式装備品として認定した、唯一のタイムピースである。

 

 1964年、NASAのエンジニアであったジェームズ・ラーガンは、ロンジン、ロレックス、ハミルトン、オメガの米国輸入業者に連絡を取り、見積書とタイムピースのテスト用サンプルの提出を依頼した。テストは1964年10月21日から1965年3月1日まで続いた。

 

 拙い言葉で申し上げると、それは過酷を極めるものだった。6回にわたる40Gの衝撃(それぞれ11ミリ秒間継続)、333秒間での1Gから7.3Gへの段階的加速、摂氏-18度から71度への温度変化といった内容を含んでいた。要するにラーガンは、これらのタイムピースの多くを破壊しようとしたのである。最後まで耐え切ったのは、非の打ちどころのない性能を持つオメガのスピードマスター(具体的にはRef.ST105.003.)だけだった。

 

 

1 2 3