IN CONVERSATION WITH:
THE ARMOURY’S MARK CHO

アーモリーの“マーク・チョー”

Sunday, October 27th, 2019

 

 アーモリーのアウトレット兼ユーズド・クロージング・ショップであるドロップ93では、アーモリーの顧客の中古衣料品を扱っています。顧客がもはやその服を必要としないと判断した場合、彼らは私たちのところで売却することができます。これらの衣服は、多くの場合、元の所有者のために作られたオーダーメイドであり、所有者はそれらを新しいオーナーに譲りたいと考えています。売り出す前には、徹底的なチェックを行います。すべてのアイテムを検査し、各サイズを慎重に測定し、状態レポートと明確な写真を提供して、興味を持った人が安心して購入できるようにしています。

 

 私にとって重要なことは、人々に自分の服の価値を認識させることです。それは安い服が手軽に入手できるようになったことで、ますます失われていることだと思います。わずか100年前の人々は、衣類を家宝として扱っていました。服を買うためは、収入のかなりの部分を必要としましたが、その代わり長い間役に立つものでした。それは美しいアプローチだと思います。中国人がオフシーズンの衣類を保管するために使用していた、クスノキ製のチェストを見てみて下さい。素晴らしい職人技が使われており、さらに価値があると考えられていた衣服を保管するために使用されていたものです。

 

 私はこの業界で10年近く働いており、一着の洋服を作るのに、どれだけの労力が重ねられているのかを知っています。よい服は安価な商品ではなく、人間の努力の賜物であり、真の価値があることを人々に知ってもらいたいのです」

 

 

 

 

——家族やメンターから学んだ最も重要な教訓は何ですか?

 

「人は本質的に誤りやすいということです。笑ってしまうような話ですが。私たちは理解する前に、直感で考えてしまいがちであり、私たちの論理は私たちが認知することよりもはるかに脆弱です。そう認めると、私自身や他のすべての人について、人生が少し楽になります。自分の不完全さを知ることで、自分の過ちを認めやすくなります。人々がどれほど不完全であるかを知ると、周りの人々を許すことができるようになります。さらに、あなたの人生により良い期待を持たせ、他の人々と、より良い関係を築くのに役立ちます。

 

 実はそのことを学んだのは、家族やメンターからではありませんでした。私は、ダニエル・カーネマンの本『ファスト&スロー』から学んだのです。それは心理学、統計学、経済学を組み合わせた“行動経済学”の分野で、最も重要な本のひとつです」

 

 

1 2 3 4