STEFANO BEMER FOR THE RAKE: READY TO WEAR COLLECTION

フィレンツェの靴作りの伝統を次世代へ
“ステファノ・ベーメル”

Wednesday, July 22nd, 2020

THE RAKE がステファノ・ベーメルのカプセル・コレクションを発表するにあたり、エディター、クリスチャン・バーカーが、ブランドのバックに横たわる、クラフツマンシップと専門知識を探った。

 

 

by christian barker  photography jamie ferguson 

 

 

 

 

 ステファノ・ベーメルの物語は、1980年代初頭、イタリア、キャンティ州のグレーヴェという町で始まった。苦労を重ねて、自らの名前を冠したブランドを立ち上げた、慎ましい靴職人のストーリーである。

 

 当時まだ10代だったステファノは、靴の修理と磨きの仕事をしていた。ある日、地元の貴族に仕事を褒めてもらい、そして彼が所有していたジョン ロブのビスポーク・シューズのコレクションを見せてもらった。

 

 単なる靴の修理だけではなく、それ以上の可能性を感じたステファノは、靴職人になることを決意し、フィレンツェの職人のもとで靴作りの勉強を始めた。技術を習得した後、1987年に自身のアトリエを設立した。

 

 フィレンツェのサン・フレディアーノ広場に面した彼のショップは、かつてフォーブス誌が“小さなヒュミドールのような”と表現したような店だった。

 

 

STEFANO BEMER

BLACK FRENCH BOX CALF CAP TOE OXFORDS

$ 990

STEFANO BEMER

CHOCOLATE SUEDE FULL BROGUE CAP TOE DERBYS

$ 990

STEFANO BEMER

BROWN BOX CALF DOUBLE MONK STRAPS

$ 1,170

 

 

 ステファノ・ベーメルの美しいハンドメイド・シューズは、すぐにお洒落通たちの間で有名になった。その中には、ジャンフランコ・フェレ、アンディ・ガルシア、フリオ・イグレシアスらがいた。

 

 中でも最も有名なのは、1999年と2000年に、俳優としてのキャリアを9ヶ月間休んでまで、ステファノに弟子入りしたダニエル・デイ・ルイスだ。

 

 ふたりは完璧主義なところが似ていたと言われている。デイ・ルイスはキャラクターを表現するために、何テイクも撮影することで知られているが、ステファノも自分自身に課した、厳しい基準を満たせなかった靴は、何時間もかけて作ったにもかかわらず、あっさりと捨ててしまうのだ。

 

 

 

 

 ロンドンを拠点に活動するシューズ・デザイナー、ジャスティン・フィッツパトリックもまた、ステファノ・ベーメルのもとで靴作りを学んだうちのひとりだ。

 

 2012年、衝撃のニュースがもたらされた。ステファノ・ベーメルは、わずか48歳の若さで、早すぎる死を遂げてしまうのだ。フィッツパトリックは、彼のブログ“The Shoe Snob”で次のように書いている。

 

「ステファノ・ベーメルは、この世代の中で、最も素晴らしいアーティストの一人でした。特にフットウェアの世界では・・」

 

 しかし、フィッツパトリックが最も尊敬していた人物であるステファノは、多くのクリエイターに共通する欠点があった。商才に長けていなかったのだ。

 

1 2