Reno De Paoli Interview

イタリア高級リゾートの名を冠した
世界一エレガントなフェラーリ

Tuesday, February 27th, 2018

 

 ポルトフィーノは、その多用途性と高い性能で、先代のカリフォルニアTと同じく、幅広い層にアピールできる一台となっている。世界においては、カリフォルニアTを購入した人の7割近くは、それが初めてのフェラーリだったというが、その人気はポルトフィーノに引き継がれそうだ。

 

 

 デパオリ氏に、わが日本のフェラーリ・ファンについて伺うと、まさに絶賛ともいえる答えが帰って来た。

 

「日本のフェラーリ・ファンについて知りたければ、鈴鹿へ行けばわかります。彼らは、F1ドライバーをひと目見るためだけに、雨の中を何時間も待っているのです。また昨年はフェラーリ創業70周年の記念として、東京から伊勢まで、フェラーリ・オーナーによるツーリングを行ったのですが、沿道では多くの人々から声援を送られました。日本のファンは老若男女を問わず、素晴らしい情熱をお持ちです。われわれのモチベーションも、上がろうというものです」

 

 フェラーリは日本のファンのために、さまざまなサービスを開始している。フェラーリ・アプルーブド(認定中古車)や、テーラーメイド(パーソナライゼーション・プログラム)、オフィチーナ・フェラーリ・クラシケ(クラシック・フェラーリの認定ワークショップ)など、その充実ぶりは、本家イタリアに劣らない。

 

「われわれは売上げ台数だけを追求しているのではありません。重要なのは、お客様に“どのような経験をして頂けるのか?”ということです。ユニークでエクスクルーシブな、人生に喜びをもたらすような存在でありたいと願っています。世界最高のカーブランドで働けることに誇りを持っていますが、同時に大きな責任も感じています」

 

 

 デパオリ氏は、日本には特別の愛着があるという。その理由は、5歳と4歳になる二人の息子たちである。

 

「日本に来たときは、まだ赤ん坊でしたが、今では少年になりつつある。感慨深いですね。日本はインフラが整っているから、子育てをするには、実にいい国なのです。国内に9つある正規ディーラーを常に回っていますが、新幹線であっという間に東京へ戻って来ることが出来る。遅延も欠航もありません。他の国だと、こうはいきません。カナダ生まれの私の趣味はアイスホッケーなのですが、息子たちも日本で、すでにプレイを始めているのですよ」

 

 ファミリーに囲まれ、アクティブでスタイリッシュなデパオリ氏こそ、フェラーリ ポルトフィーノにふさわしいと思えたインタビューであった。

 

 

Ferrri Portofino

フェラーリ ポルトフィーノ

リトラクタブル・ハードトップ付き 2+2シータークーペ/オープン

全長×全幅×全高:4586×1938×1318mm

重量:1545kg

エンジン:3855cc V8ターボ

最高出力:600cv(ps)@7500rpm

最大トルク:760Nm@3000-5250rpm

最高速度:320km/h

0-100km/h:3.5秒

Ferrari

www.ferrari.com

1 2 3