PETER LINDBERGH INTERVIEW

ピーター・リンドバーグ:黒と白の事実

Thursday, October 31st, 2019

去る9月3日に亡くなった伝説の写真家、ピーター・リンドバーグにインタビューする機会があった。

われわれは芸術とビジネス、真実と美しさについて語り合ったのだ。

 

by christian barker   photography IMAGES COURTESY OF BREITLING

 

 

 現代において、最も影響力のあるファッションおよびポートレイト・フォトグラファー、ピーター・リンドバーグが、2019年9月3日に74歳で亡くなった。ポーランド生まれのドイツ育ちの“レンズマン”は、自然でカジュアルな、新しいファッション写真のスタイルを開拓した。それらは20世紀の多くの雑誌に見られた、人工的で、大げさで、けばけばしいスタイリングと好対照をなすものであった。

 

 90年代初頭の英国版とアメリカ版のヴォーグのアイコニックな撮影で、リンドバーグはスーパーモデルを“発見”しただけでなく、ふわふわのヘアスタイル、盛りすぎのメイクアップ、細かい舞台設定、大げさな服装といった1980年代風のしがらみから彼女たちを解放した。 1990年1月号のブリティッシュ・ヴォーグは、リンダ・エヴァンジェリスタ、クリスティ・ターリントン、シンディ・クロフォード、ナオミ・キャンベル、タチアナ・パティッツなどのスーパーモデルをフィーチャーし、リンドバーグの美的センスを大いに知らしめることになった。

 

昨年末に彼にインタビューしたとき、リンドバーグは、「私の理想は常に、ジーンズ、Tシャツまたは普通のシャツを着て、テニスシューズを履いた女性だよ。髪はこんな風に後ろで簡単に縛られているだけでいいんだ」と言って手を打った。

 

「それで十分なんだ。スーパーモデルはそれ自体が“大したもの”だから。それは以前の雑誌にあった古臭い女性のイメージへの反抗だった。豊かな“洗練”という概念―例えば、素敵なアパートメント、毛皮、ダイヤモンドのイヤリングなどが、私は嫌いだった。まるで絵画のように、とてもわざとらしく思えて、そういった写真は撮影できなかった」

 

 

 彼は、第1世代のスーパーモデルたちは非常に知的で、魅力的な女性だと言った。

 

「彼女たちは目的を持っていて、ファッション以上のことについて話すことができた。すべてに興味津々で、アーティストになりたいと思っていた。何か別の存在になりたいと思っていたんだ。彼女たちは一緒に作品を作り上げる仲間だった」と彼は説明した。

 

 

1 2 3