NAKAMURA’S NOTEBOOK
中村達也の2020年秋冬トレンド"買いたい新書"

Vol.5 Color & Textile
色柄素材で遊ぶのが 今季の気分

Sunday, October 25th, 2020

色みは華やかに、素材はトラディショナルに。

今季のラインナップはこう総括することができる。

とくに色に関しては、昨年と比べて大きな変化が。

旬を表現するうえで、今季的な色は絶対外せない。

 

text mr beams

 

 

 

ベーシックなアイテムは 今季的な色で変化を

 

 スーツやジャケットなどベーシックアイテムは、例年より明るいトーンのものが注目を集めている。ナチュラルカラーやライトグレイの台頭など、秋冬ながら軽やかさのある色使いが旬。また、差し色としては春夏に引き続きイエローがトピックに。人気のモノトーンにさりげなく絡めたものなど、取り入れやすいアイテムも豊富だ。

 

 無彩色だけのストイックなモノトーンスタイルに慣れた人たちが、その派生として取り入れている新潮流。それが“モノトーン+差し色”だ。コーディネイトで色を差す場合もあるが、アイテム自体にそれが表現されたものも。白黒のチェックにカラーペーンを乗せたジャケットなどが好例。昨年モノトーンアイテムを入手して、今年はより目新しいものが欲しいという方に最適な選択だ。

 

 

 

ひとさじの彩りが 最旬を表現する鍵

ホワイトのニットにチャコールグレイのトラウザーズ。昨年までならジャケットは白黒チェック合わせていたが、ここにイエローのペーンが加わるだけで印象はずいぶん変わる。モノトーンのクールさはキープしつつ、今年らしいヒネリをプラスできるのがポイント。ジャケット ¥106,000 Beams F ニット ¥27,000 Beams F トラウザーズ ¥39,000 Bernard Zins

 

 

イエローとブラウンのペーンが程よいアクセントになっているハウンドトゥース柄のジャケット。ざっくりとした織りがヴィンテージテイストも感じさせる一着だ。 ¥250,000 Stile Latino

 

英国の伝統であるタータンチェック柄マフラーも、モノトーン+差し色の配色でモダンさを獲得。ウールながらふんわりと滑らかな肌触りで、着用感も大変贅沢だ。 ¥18,000 Johnstons

 

 

大柄にしたグレンプレイド+ブラウンペーンが印象的。2ボタンのダブルブレストというユニークなデザインも特徴で、ミニマルな雰囲気で着こなせるのが魅力。¥130,000 Hevo

 

<本連載シリーズ>
Vol.1  Suit & Tie
Vol.2 Kint
Vol.3 Trousers
Vol.4 Outer
Vol.5 Color & Textile

1 2 3 4 5