NAKAMURA’S NOTEBOOK
中村達也の2020年秋冬トレンド"買いたい新書"

Vol.4 Outer
今季はアウターの選択肢がさらに広がった

Thursday, October 22nd, 2020

 

久々にショートブルゾンが帰ってきた

 

 膝丈のロングコートが変わらず支持される一方で、そのカウンターとなるショートブルゾンを着用する人も増えている。多数派となっているのはボマージャケットやドライビングブルゾン型といったミリタリー系だが、スエード素材で仕立てたワークテイストなものにも注目。

 

 スーツと合わせてミックステイストを楽しむ洒落者もいるが、シンプルに着こなすならニットの上に羽織るのがおすすめ。

 

 

 

ブルゾンのインナーは 今、シャツよりニット

ゴートスエードでしなやかに仕立てたワークテイストのブルゾン。かつてはチェックシャツなどを合わせていたが、今はクルーネックニットでよりシンプルに着たいムード。ホワイトデニムで重苦しく見えるのを回避しつつ、ワイドボーダーでアクセントを。ブルゾン ¥138,000 Cinquanta ニット ¥36,000 Raffa Molina ジーンズ ¥26,000 Auberge

 

 

 

骨太なボマージャケットを美しい艶をたたえたラムレザーでラグジュアリーに昇華。ウールのトラウザースと合わせ、ミックススタイルでコーディネイトするのもおすすめだ。¥230,000 Ruffo

 

 

レザーブルゾンを得意とするエンメティが手掛けた、ゴートスエードのトラッカージャケット。軽い仕立てのため、ドライブなどアクティブなシーンにもフィットする。¥125,000 Emmeti

 

 

しっとりとしたゴートスエードを裏地なしで軽快に仕立てたベースボールジャケット。スリムなシルエットに加え、美しいブラウンの発色も上品に着こなしやすいポイントだ。¥120,000 Emmeti

 
<本連載シリーズ>
Vol.1  Suit & Tie
Vol.2 Kint
Vol.3 Trousers
Vol.4 Outer
Vol.5 Color & Textile
 

1 2 3 4