NAKAMURA’S NOTEBOOK
中村達也の2020年秋冬トレンド"買いたい新書"

Vol.4 Outer
今季はアウターの選択肢がさらに広がった

Thursday, October 22nd, 2020

 

バルカラーはさらにリラックスシルエットに

 

 現在におけるスタンダードといっても過言ではないほど一般化したバルカラーコート。シルエットは引き続き、ラグランスリーブとゆったりとした身幅によるAラインがメインで、着丈も長めが定着している。

 

 後述のように柄もののバリエーションが広がっている今季は、カジュアルに着こなせるバルカラーが多いのも特徴的。さらりと羽織るだけで、休日の装いを洒脱にアップデートできる。

 

 

 

カジュアルに着こなすバルカラーも旬

モノトーンのハウンドトゥース柄バルカラーコートを、あえてフーデッドニットでスポーティに。クラシック感とスポーティさのミックスが今季らしい装いだ。配色はモノトーンでクールにまとめることで、都会的な印象を意識しているのもポイント。コート ¥115,000 Tagliatore ニット ¥27,000 Bafy トラウザーズ ¥29,000 Giab’s Archivio

 

 

英国の老舗<コーディングス>のゴム引きコートの長さを調整し、着脱式ライニングをセットした別注。裾の内側にアジャストベルトが付くなど、リアルなディテールが光る。¥158,000 Cordings

 

 

優雅なAラインに設計したベルテッド・バルカラーコート「サロモン」。ブラックにグレイとイエローのペーンを効かせた個性的な柄は、どこかモードなテイストも感じさせる。¥156,000 Tagliatore

 

 

 

1920年代のコートに着想を得た大柄ヘリンボーンのステンカラー。アール・デコを思わせる幾何学的な柄にヴィンテージな趣が漂う。尾張一宮に特注したスペシャルな素材。¥125,000 Auberge × Brilla Per Il Gusto

 

<本連載シリーズ>
Vol.1  Suit & Tie
Vol.2 Kint
Vol.3 Trousers
Vol.4 Outer
Vol.5 Color & Textile
 

1 2 3 4