Jim White Interview

ニューワールドの域を超越したワイン「クラウディー ベイ」の洗練

June 2018

text miyako akiyama

 

 

ジム・ホワイト / Jim White

オーストラリア、メルボルン出身。メルボルン大学で農業とブドウ栽培学を修めた後、ワインの世界へ。2010年よりクラウディー ベイでブドウ栽培責任者を務め、2018年5月よりテクニカル・ディレクターに。大自然をこよなく愛し、プライベートでは一男一女の良きパパでもある。

 

 

 

 ニューとオールド、それはどこかに一線を画し、対極をなすものを指す概念だ。ワインの世界で言えば、ニューワールドとオールドワールドがそれ。これは歴史上の「新大陸」と同じ発想で、すなわち、フランス、イタリア、スペインなどヨーロッパ大航海時代からワインを造っているオールドワールドと、それ以降にワイン造りが伝わったアメリカ、オーストラリア、チリ、アルゼンチンなどのニューワールドである。

 

 ながらく、ニューワールドのワインはコストパフォーマンスが高く(つまり比較的安価で)、カジュアルに飲むタイプが多いと言われてきたが、この20年ほど、その品質の高さがワイン評論家たちから注目されるプレミアムなワインレンジも増えてきた。

 

「僕はその考え方、少し保守的過ぎない? と思うんですよ。なぜならニュージーランドのワインは産出量でいえば世界で生産されるワインのわずか1%に過ぎないものの、平均価格でいえばフランスに次ぐ世界第2位なんです。これは、ニュージーランドのワインがいかに高く評価されているか、ということ。そしてそれはクラウディー ベイがニュージーランドのワインに大きく貢献した結果でもあると自負しています」

 

 と語るのはニュージーランドのワイナリー「クラウディー ベイ」でテクニカル・ディレクターを務めるジム・ホワイト氏。「クラウディー ベイ」は1985年にニュージーランド南島の北端、マールボロで創業したワイナリー。いまはワイン産地として知られるマールボロを世界へ広めたパイオニアとしても知られている。

 

 

 

 

「ニュージーランドのワインを世界のプレミアムワインのレンジへと引き上げたのは間違いなくマールボロ地方のソーヴィニョン・ブラン。そして、そのマールボロのソーヴィニヨン・ブランを有名にした立役者は『クラウディー ベイ』ですよね? つまり、『クラウディー ベイ』がニュージーランドのワインを世界へ紹介した、といえるのです」

 

 ソーヴィニヨン・ブランとは仏ボルドー地方原産で、グリーンの果皮を持つワイン用ブドウ品種。フレッシュで辛口な白ワインになることで知られ、プイィ・フュメやサンセール(ともに仏ロワール地方)がよく知られているが、「クラウディー ベイ」はニュージーランドでいち早くこのソーヴィニヨン・ブランの栽培に取り組んだ。

 

「もともとマールボロの冷涼な気候がソーヴィニヨン・ブランに適していました。そして日照時間の長いことも功を奏し、クリスピーでエレガントなスタイルが出来上がったんだと思います」

 

 クリスピーとはしばしばワインの味わいを表現するときに使われるが、口中で心地よいミネラル感が生き生きと躍動するイメージといえば伝わるだろうか。クラウディー ベイのソーヴィニヨン・ブランはとくにヨーロッパのそれに比して、キリリとした酸と長い余韻が特徴。和食にも相性がよい白ワインとして知られている。

 

「とくに鮨と相性がいいんですが、なかでもホタテの刺身とは最高のマリアージュ。豚のシャブシャブや明太子など旨味の凝縮した料理にもよくあいます。やっぱりワインは相性のよい料理と一緒に楽しんでこそ魅力が発揮できますからね」

 

 タイミングよく現在は、ヒルトン東京お台場のテラス「シースケープ テラス・ダイニング」にて、「クラウディー ベイ」の6種のワインにそれぞれペアリングさせた料理を楽しめる「Come Sail Away」期間限定ラウンジが9月30日まで開催されている。レインボーブリッジと東京の摩天楼を正面に望むテラスはまさに東京湾をまるごと味わえる絶景ポイント。南半球のクラウディー ベイに思いを馳せながら、トーキョーベイを愛でるのもオツなものだ。

 

「『クラウディー ベイ』の多彩なワインと料理のペアリングをどうぞお楽しみください。そしてその味わいだけでなく、一緒に飲んでいる人と、空間や時間を満喫してほしい。その豊かなエクスペリエンスこそが、『クラウディー ベイ』のワインを通じて私が発信しているメッセージなんです」

 

 

クラウディー ベイ

全国主要百貨店、酒類専門店などで発売中

問い合わせ:MHDモエヘネシーディアジオ TEL.03-5217-9733

 

 

Come Sail Away

ソーヴィニヨン・ブラン、ペロリュス(スパークリング)、ピノ・ノワール、シャルドネなど「クラウディー ベイ」の6種のワインとそれぞれにペアリングされたフードメニューを提供。ソーヴィニヨン・ブランはグラス¥1,600(税・サ別)

 

 

期間:~2018年9月30日まで開催

ヒルトン東京お台場「シースケープ テラス・ダイニング」

東京都港区台場1-9-1 ヒルトン東京お台場内2階

www.mhdkk.com/brands/cloudy_bay/come_sail_away/

<本連載の過去記事は以下より>

ホテル連載第29回:ホテルのこだわりパン《第二回 大手町・日比谷エリア》

「FRENCH BLOOM」から誕生した新世代のノンアルコール・スパークリングワイン

【シャンパーニュ ボランジェ】ガストロノミーに寄り添う偉大なヴィンテージ誕生

【レミーマルタン】300年受け継がれたレガシー

【建築×アート×食】坂茂が手がける広島の新名所「Simose Art Garden Villa」

話題の水庭をいつでも楽しめる全14棟のオーベルジュ「那須 無垢の音」

ホテル連載第28回:ホテルのこだわりパン《第一回 赤坂・虎ノ門エリア》

【ルイ13世 タイム・コレクション2】3つの由緒あるフレンチ・メゾンの共演

130年続くスコットランドの至宝、「ロングモーン」

ホテル連載第27回:最新&定番手土産

神戸メリケンパークオリエンタルホテル 新レストランALL FLAGSオープン

神戸を代表する美食のエンターテインメント「ステーキハウス オリエンタル」

シャンパーニュメゾン「ポメリー」と「京都吉兆」が4年に及ぶコラボを始動

ホテル連載第26回:ホテルで鍋を囲む

世界6891本限定のスプマンテとともに紐解く イタリアで愛されているフェッラーリの魅力!

10年ぶりに発見された雫「ルイ13世 レア・カスク 42.1」

【次回は2024春】舞台は南紀白浜。食通が集う年2回のイベント「The Echo Table」とは

秋の美食探訪をピエール・ガニェールで。本店で人気のプラトー・ド・フロマージュも初登場

持続可能な未来を創る七賢とアラン・デュカスの酒

イタリアンラグジュアリーの象徴 F1GPの勝利の美酒、フェッラーリ

THE RAKE厳選!香港でいま注目すべきダイニング&バー5軒

今年の舞台はバーホッピングの聖地、香港!アジアのベストバー50の結果やいかに

ドン ペリニヨンの醸造最高責任者が創立した日本酒「IWA 5」の故郷を訪ねて

コーヒーは、食べるもの!? グランドセイコーが仕掛けたイベントにて

ファーム・トゥ・テーブルを提供する由布院のウエルネス・リゾート

奈良を代表するオーベルジュ「登大路ホテル奈良」滞在記

パレスホテル東京のフレンチ フランス料理「エステール」のディナー体験

オランダが誇る3ツ星シェフがアジア初出店!横浜・馬車道の「SMAAK(スマーク)」

ナパ・ヴァレー、金色のワイン街道を往く

ホテル連載 第21回:バーでボトルキープ 其の2

ホテル連載 第20回:バーでボトルキープ

CHIUnE/銀座Furutaがプロデュースする年末年始限定の2種類の鍋

七賢とアラン・デュカスが呼応するスパークリング日本酒の饗宴

Formula 1® オフィシャルスパークリングワインになったイタリア最高峰のスプマンテ“フェッラーリ”

Maison KEI & ボランジェ 日仏食文化の新たな発見を味わう期間限定ペアリングメニュー

銀座のグッチ オステリアでこの季節だけ楽しめるコース

NINE by La Cime:ジャンルを超えた創造性×香り

ホテル連載 第19回:サブスクリプションサービス

ホテル連載 第18回:名物手土産<クッキー缶編 第二弾>

ホテル連載 第16回:ピクニックボックス

F1®公式スポンサー、フェッラーリのスペシャルボトルで表彰台気分を

コンセプトを大幅チェンジ! フレンチファインダイニング「シグネチャー」が次に目指す高みとは

ホテル連載 第14回:テイクアウトメニュー

0.0000038361%のみに許される銘酒

ホテル連載 第13回:夏限定の麺料理

“量よりも質”を重視したサステナブルなシャンパーニュ「テルモン」

F1®︎史上初!イタリア最高峰のスパークリング「フェッラーリ」が オフィシャルパートナーに

ホテル連載 第10回:名物手土産 -クッキー缶編-

ホテル連載 第9回:名物手土産 -定番編-

TATRAS INTERNATIONALがプロデュースした会員制フレンチ・レストラン「パー レ セゾン」OPEN

ホテル連載 第7回:ルームサービス限定の一皿 其ノ二

ホテル連載 第6回:ルームサービス限定の一皿 其ノ一

ホテル連載 第5回:最新ルーフトップバー

ホテル連載 第3回:ホテルの名物料理

6代目当主 オリヴィエ氏インタビュー:「KRUG」を次なる世代へ

世界最古のメゾン「ルイナール」
その最高醸造責任者が語る、シャンパーニュを日本で味わう喜び

100本限定の極上ウイスキーを際立てる世界でふたつの特注グラス&チェア