SMAAK in Bashamichi, Yokohama

オランダが誇る3ツ星シェフがアジア初出店!横浜・馬車道の「SMAAK(スマーク)」

March 2023

text yukina tokida

 

 

 

 

 東急みなとみらい線の馬車道駅直結の、市内最高層・最大規模を誇る新ランドマーク「横浜北仲ノット」46階に、ダイニング「SMAAK(スマーク)」がオープンした。

 

 同店を手がけるのは、オランダの伝説的なミシュラン3ツ星レストラン「De Leest(デ・リースト)」(2002-2019)を率い、その実⼒と⼈気でオランダをはじめ、ベルギー、オーストリア、ドイツなどのガストロノミーを牽引するヤコブ・ヤン・ボエルマ氏。

 

 初めて⽇本を訪れたときからこの土地の豊富な⾷材に魅了されてきたヤコブ氏は、⽇本をアジア初出店の地に選び、さらに日本の中でも、中世から貿易の要として栄え、国際⾊豊かな地である横浜みなとみらいが氏のルーツであるオランダと重なったことで、この場所への出店を決めたという。

 

 

Jacob Jan Boerma/ヤコブ・ヤン・ボエルマ(右)

1972年オーストリア生まれ。幼少期より料理に興味を持ち、美食の地オランダのホテルスクールへ入学。卒業後はヨーロッパのミシュラン2つ星、3つ星レストランで、最新かつ最高の料理技術を学ぶ。オランダの伝説的なミシュラン3ツ星レストラン「De Leest(デ・リースト)」(2002-2019)のオーナーシェフ。オランダを初め、ベルギー、オーストリア、ドイツなど現在の西ヨーロッパを代表するシェフ。

 

Rob Nollé/ロブ・ノッレ(左)

1984年オランダ、フェンロー生まれ。ギルド調理師専門学校を卒業後、オランダのミシュラン1つ星レストラン、オンデルデブムケでそのキャリアをスタート。その後アルバの高級レストランで料理長を歴任し、アメリカやスイスでも活躍。今回のアジア初出店に際し、ヘッドシェフとして来日した。

 

 

 

 ⾃⾝を育んだオランダの料理⽂化を⼤切にしながらも、スカンジナビアやスペインをはじめとするヨーロッパの調理技術、そしてアジアのスパイスなどさまざまな料理のアプローチや技術を学び、常にベストと思われるものを柔軟に取り⼊れてきたヤコブ氏が同店でゲストに届けるのは、最⾼の⾷材を使い、⾃⾝の国際的かつクリエイティブなスタイルを生かした料理。

 

 店内には、やわらかな色味の木材が基調となった、優しい温もり溢れる空間が広がり、日中にはどこまでも続く開放的な景色、夜には目下に横浜のアイコニックな夜景を一望できる。窓側の座席は大きな窓に面して設けられているため、他の人の視線が気にならなくていいのも嬉しい。

 

 

 

 

 ヤコブ氏が得意とするのは、酸味と旨味を多層的に取り入れること。その白眉が、きゅうり好きのヤコブシェフだからこそ生み出せる、同店のスペシャリテだろう。ムースやゼリー、スライスや刻みなど、さまざまな調理が施された「きゅうり」が主役のこの一皿だけで、酸味と旨味を存分に堪能できる。さらにこの多彩なきゅうりを引き立てるのが、軽く塩で締められ、“たたき”のように刻まれたさば。これらが生み出すいくつもの組み合わせが、次から次へと異なる味わいを演出してくれる。

 

 

 

 

 ローストしたホタテが主役の一皿は、薄くスライスしたコールラビをクルクルと巻いて玉ねぎのように盛り付けた、シェフのひと手間が光る一皿。そのシャキシャキとした食感、肉厚なホタテの甘みとジューシーさ、そして香り豊かなハーブが完璧なコンビネーションとなって口の中に幸せをもたらしてくれる。

 

 ほかにも、黒米や醤油、紫蘇や昆布出汁、日本では珍しいスパイスを使っていたり、5種類ほどのフレッシュハーブを乾燥させて粉末にしたパウダーが特製バターに振り掛けられていたりと、見た目からはとても想像できない深い味わいと香りが楽しめるものばかり。

 

 素材そのものの味わいが最大限に引き出されていながら、さまざまな調味料や食材とのハーモニーを存分に楽しめる食体験は、これまでの概念を大きく超えてくるだろう。

 

 料理にペアリングされるワインは、オーストリアやドイツ、ハンガリーまで、ヨーロッパ各地のワインが揃えられており、その秀逸なラインナップはヨーロッパを旅しているような気分にさせてくれるはず。横浜でのレストラン選びの際、真っ先に候補に入れたい最旬の一軒だ。

 

 

SMAAK(スマーク)

住所:神奈川県横浜市中区北仲通5-57-2 横浜北仲ノット46F

アクセス:横浜⾼速鉄道みなとみらい線「⾺⾞道駅」2A出⼝直結徒歩1分

営業時間:ランチ ⽕曜⽇〜⽇曜⽇12:00~15:00(L.O.13:30)/ディナー ⽕曜⽇〜⽇曜⽇18:00~22:00(L.O.20:00)

定休⽇:⽉曜⽇

TEL. 045-323-9576

https://smaak.jp

<本連載の過去記事は以下より>

ホテル連載第28回:ホテルのこだわりパン《第一回 赤坂・虎ノ門エリア》

【ルイ13世 タイム・コレクション2】3つの由緒あるフレンチ・メゾンの共演

130年続くスコットランドの至宝、「ロングモーン」

ホテル連載第27回:最新&定番手土産

神戸メリケンパークオリエンタルホテル 新レストランALL FLAGSオープン

神戸を代表する美食のエンターテインメント「ステーキハウス オリエンタル」

シャンパーニュメゾン「ポメリー」と「京都吉兆」が4年に及ぶコラボを始動

ホテル連載第26回:ホテルで鍋を囲む

世界6891本限定のスプマンテとともに紐解く イタリアで愛されているフェッラーリの魅力!

10年ぶりに発見された雫「ルイ13世 レア・カスク 42.1」

【次回は2024春】舞台は南紀白浜。食通が集う年2回のイベント「The Echo Table」とは

秋の美食探訪をピエール・ガニェールで。本店で人気のプラトー・ド・フロマージュも初登場

持続可能な未来を創る七賢とアラン・デュカスの酒

イタリアンラグジュアリーの象徴 F1GPの勝利の美酒、フェッラーリ

THE RAKE厳選!香港でいま注目すべきダイニング&バー5軒

今年の舞台はバーホッピングの聖地、香港!アジアのベストバー50の結果やいかに

ドン ペリニヨンの醸造最高責任者が創立した日本酒「IWA 5」の故郷を訪ねて

コーヒーは、食べるもの!? グランドセイコーが仕掛けたイベントにて

ファーム・トゥ・テーブルを提供する由布院のウエルネス・リゾート

奈良を代表するオーベルジュ「登大路ホテル奈良」滞在記

パレスホテル東京のフレンチ フランス料理「エステール」のディナー体験

ナパ・ヴァレー、金色のワイン街道を往く

CHIUnE/銀座Furutaがプロデュースする年末年始限定の2種類の鍋

七賢とアラン・デュカスが呼応するスパークリング日本酒の饗宴

Formula 1® オフィシャルスパークリングワインになったイタリア最高峰のスプマンテ“フェッラーリ”

Maison KEI & ボランジェ 日仏食文化の新たな発見を味わう期間限定ペアリングメニュー

銀座のグッチ オステリアでこの季節だけ楽しめるコース

NINE by La Cime:ジャンルを超えた創造性×香り

F1®公式スポンサー、フェッラーリのスペシャルボトルで表彰台気分を

コンセプトを大幅チェンジ! フレンチファインダイニング「シグネチャー」が次に目指す高みとは

0.0000038361%のみに許される銘酒

“量よりも質”を重視したサステナブルなシャンパーニュ「テルモン」

F1®︎史上初!イタリア最高峰のスパークリング「フェッラーリ」が オフィシャルパートナーに

TATRAS INTERNATIONALがプロデュースした会員制フレンチ・レストラン「パー レ セゾン」OPEN

6代目当主 オリヴィエ氏インタビュー:「KRUG」を次なる世代へ

ニューワールドの域を超越したワイン「クラウディー ベイ」の洗練

世界最古のメゾン「ルイナール」
その最高醸造責任者が語る、シャンパーニュを日本で味わう喜び

100本限定の極上ウイスキーを際立てる世界でふたつの特注グラス&チェア