HIDE TO SEEK

英国人の知らない英国遺産
“タスティング”

Friday, August 7th, 2020

 

 そして悲劇は続く。チャールズの2人目の妻が、気まぐれで革なめし工場を売却してしまったのだ。そのため、1919年にジャックが家に戻ったとき、彼の生きる術は奪われていたのだ。

 

 おそらく、この2度にわたる不当な仕打ちがジャックに拍車をかけた。彼は独自の最先端の革なめし工場の設立を決心した。そしてそれが国内有数の皮革サプライヤーのひとつとしての地位を獲得するまでにそれほど時間はかからなかった。ブランドは、このとき初めてタスティングの名前で舵取りされるようになった。何十年もの間、タスティングは上質な皮革を生産し続けたが、世界的ななめし産業における大きな変化により、なめし工場は1980年代にその門を閉ざし、ファミリーは革の取り扱いおよびレザーグッズの製造に専念するようになった。

 

 

 

 

工場は英国の良心そのもの

 ジリアンがラベンドンの工場を案内してくれたとき、それぞれのプロセスを説明する彼女から、熱いパッションが伝わってきた。工場では、一連の機械が地元の労働者たちによって動かされていた。そのうち何人かは、20年以上もタスティングに勤務しているという。

 

 入り口には、等級別に分けられたレザーの巨大な壁があり、カラフルなロールが、うずたかく積み重ねられている。バッグ、財布、ラップトップ・ケースなど、すべてのレザーは、地元で作られたナイフによって、手作業でカットされる。各パネルがカットされたら、エッジの部分を染色し、シールする。

 

 次はスプリッティングだ。これは革を均一な厚さにするプロセスである。ふたりのチームが各パネルを平台の上に広げる。大型の平台ミシンで縫い合わせる前に、基本的に各ピースの形状は作成されているのだ。仕上げが完了すると、残す工程は製品のチェックのみだが、品質管理がすべての段階で徹底して行われているので、欠陥品はほとんどない。

 

 多くの業界の友人から、どれほど優れているかを聞かされたバッグを、自分のものにするのは嬉しいものだ。もちろん、タスティングは多くの異なるレザーで、多くの異なるデザインのバッグを製作しているが、私は見事にエイジングされていきそうなヘビーワックス・ダッフルとウィークエンド・バッグが特にいいと思った。

 

 非常にトリッキーで悪名高い日本のマーケットで、このブランドがたくさんのファンを持っているのは、ひとえにそのクオリティが評価されているからだ。そしてこれからは、この英国の遺産について、英国人自身もサポートする必要があるだろう。

 

 タスティングのクオリティに、あなたは決して失望しない。

 

 

左:「バイソントート」はタスティングを代表する定番トートバッグだ。素材は、英国高級靴ブランドにも供給される、軽量かつ高い耐久性を持ったイタリアンカーフである。立体的なシボ感を再現した型押しレザーはベジタブルタンニングとフルアニリン染を施してある。¥42,000

右:「キンボルトン」は、丈夫で軽量なビジネストート。アトランティックレザーと呼ばれるベジタブルタンニングとアニリン染で仕上げた最高級カーフレザーを使用しており、使い込むほどに味わいを増す。¥58,000 both by Tustingヴァルカナイズ・ロンドン Tel.03-5464-5255

 

1 2 3