Coming soon, “Italia, amore mio!”

イタリア好き、デザイン好きのための
フェスティバル開催!

Monday, November 16th, 2020

 

 イタリア好き、そしてデザイン好き、ファニチャー好きに朗報だ。

 

 来る11 月 21 日(土)、22 日(日)東京・表参道にて、在日イタリア商工会議所主催 “Italia, amore mio!(イタリア・アモーレ・ミオ!)”が開催される。今年は、イタリア大使館公式イベント“Italian Design Day”と連携して行われ、イベントのテーマは“insieme (一緒に)”。新型コロナウィルス拡大の影響で大きなダメージを受けたイタリアと、そしてまだ安心できない状況にある日本は、離れていてもいつも心は一緒だというメッセージが込められている。

 

 

 

 

 中でも必見なのは、ADI(Associazione per il Disegno Industriale)イタリア工業デザイン協会が運営企画する「Compasso d’Oro Museum(コンパッソドーロ・ミュージアム)」が2020年12月、イタリア・ミラノに開館することを記念として、イタリアでもっとも権威あるデザイン賞のひとつ、コンパッソ・ドーロの受賞作品が展示されることだ。コンパッソ・ドーロは、巨匠ジオ・ポンティの発案によって1954年にイタリア、ミラノのデパート“リシェナンテ”によってイタリアン・デザインの品質向上を目的として創設された、世界で初めての工業デザイン・アワードだ。イタリア語で“黄金のコンパス”が名前の由来となっており、美しいデザインに対する最大の評価として命名された。

 

 審査は、デザイナー、批評家、歴史家、専門ジャーナリストで構成された委員会によって行われ、コンセプト、商品性、機能性などの基準をもとに、3年に1度受賞作が決定される。

 

 1954年からこれまでに、さまざまな作品がコンパッソ・ドーロを受賞している。一度の開催で10~20程度の作品が選ばれるため、これまでに数百の作品がコンパッソ・ドーロの栄冠に輝いている。

 

 

 

 

 イベント会場では、ジオ・ポンティの椅子“レッジェーラ”やアッキレ・カスティリオーニによる照明“アルコ”など、ブレンボのフォーミュラEマシン用キャリパーなど名作中の名作が展示される。

 

「いいデザインとは何か?」ということを俯瞰する上で、これ以上の機会はない。ぜひ会場へ、足を運んでいただきたい。

 

 

“Italia, amore mio!(イタリア・アモーレ・ミオ!)

会期:11 月 21 日(土)、22 日(日)

開催場所:東京・表参道 SIDE

住所:東京都港区北青山 3丁目 6-19

https://italia-amore-mio.com/ja/