CHAPAL'S NEW SEASON OUTERWEAR TAKES FLIGHT

世界最高のレザーウェア
“シャパル”を知っているか?

Tuesday, May 19th, 2020

世界最高のクオリティといわれる仏シャパルのレザーアウターをご紹介しよう。

新しいコレクションは、探検、独立、勇気の精神を表すだけでなく、さまざまなスタイリングに取り入れられる多様性を特徴としている。

 

by nick scott 

 

 

 

 1932年、アメリア・イアハートは、大西洋を単独で横断した最初の女性飛行士となった。その功績を讃えられ、アメリカの殊勲飛行十字章も受章した。しかし彼女は、ロッキード10-Eエレクトラによる、地球一周飛行への挑戦中に、南太平洋のどこかで行方不明になってしまった。彼女の飛行経験を綴った本はベストセラーとなり、女性の航空進出を助ける団体“ナインティ・ナイン”を設立するに至った。

 

 イアハートは、ハワイから米国本土に初めてソロで飛んだ人物でもあるが、彼女にインスパイアされて誕生したタバコ・スエードのジャケットがある。フランスのレザージャケットとコートの生産者であるシャパルによって作られているAE1932だ。

 

 

CHAPAL

LIGHT GREY SUEDE LEATHER AE 1932 BOMBER

$ 3,580

CHAPAL

TOBACCO AE 1932 SUEDE JACKET

$ 4,015

 

 

 ブランドは、1832年にフランスで、革なめし工場(現在も自社内にある施設)として設立された。ムートンの耐水性を向上させる技術など、アヴィエーション・テクノロジーへの貢献により、第一次大戦中は、フランス空軍に制式ジャケットとして採用された。 第二次世界大戦中には、米空軍のB3ジャケットにおいて有名な防水ムートンを開発し、特許を取得、軍へ提供した。

 

 

1 2 3