AVRONE “Sunglasses”

イタリア人が集まって生まれた
RAKISH MEN御用達サングラス

Sunday, August 2nd, 2020

 

 

 

 大の旅好きのイタリア人たちが集まって2013年に生まれたアイウェアを中心とするブランド「アヴローネ」は、メイド・イン・イタリーによるパンチの利いたサングラスのコレクションに定評がある(ちなみにスカーフのコレクションもあって、そっちもなかなか洒落ている)。

 

 特にVIPからの人気が高く、面白いところではシルヴィオ・ベルルスコーニ元イタリア首相も愛用者のひとりだ。ベルルスコーニがお洒落かどうかは別として、ミラノのフェルディナンド カラチェニで仕立てられたネイビーのスーツに同色のシャツを合わせ、クリアフレームのアヴローネのサングラスを差し色で合わせたその姿はイタリア人らしく非常にクールだ。

 

 

クラシックなボストンタイプを色使いでモダンな雰囲気を表現しているあたりが、イタリア発のブランドであるアヴローネの面白いところ。べっ甲模様をアレンジした左・右上の3本は、その模様で絶妙なアクセントを作りながら、トーンをシックにまとめているので、クラシックなスーツスタイルに取り入れてもいい塩梅のアクセントになってくれる。ブルーのリムとレンズにイエローのテンプルを組み合わせたいちばん右下の1本も、テンプルが差し色としていい仕事を果たしてくれ、アクセサリーとしての効果は大だ。4本ともTHE RAKEのエクスクルーシブとなっている。各US$350 Avrone

 

 

 アヴローネの中でぜひオススメしたいのは、ボストンタイプのサングラス。デザインそのものはクラシックだが、フレームがマーブル模様になっていたり、カラフルなリムとレンズを組み合わせていたり、非常にいいところを突いている。写真のようにカジュアルに合わせるのもいいし、ベルルスコーニがパーティシーンでしていたように、スーツに合わせてアクセサリー代わりに使ってみるのも洒落ていてよろしい。

 

 

ブランドページへ