PUTTING THE 'STREET' BACK INTO STREETSTYLE

フィレンツェで撮影した
最高の“ストリート・スタイル”

Thursday, March 14th, 2019

毎シーズン、フィレンツェで行なわれるピッティ・ウォモには、

メンズ・ウェア業界における、最高峰のファッショニスタたちが結集する。

写真家チャールズ=エドゥアルド・ウォイセリンは、彼らをフィレンツェの“ストリート”へと連れ出した。

 

text ryan thompson   photography charles-edouard woisselin

 

 

左から右へ:Shaun Gordon(@shaungordontiemaker)、西口修平(@shuhei_nishiguchi)、Daniele Biagioli(@_____db_____)、Guillaume Bo(@gui_bo)、Franco Mazzetti(@ franz_1955)、高田朋佳(@tomoyoshi_takada)、芹沢良輔(@serizawa_ryosuke)、Filippo Matera(@filippomatera)

 

 

 今年1月のピッティ・ウォモでは、写真家のチャールズ=エドゥアルド・ウォイセリン(dgephoto.com @desgensenphoto)がストリート・スタイルについて新たなチャレンジをした。このジャンルの写真は、昨今ソーシャルメディアの登場でますます人気が高まっているが、実はそんなに新しいものではない。実際、これまでに撮影された最も初期の記録写真のいくつかは、人々が路上で撮られたものだ。それらはすでに“ストリート・スタイル”と言えるのだ。

 

 19世紀初頭にまでさかのぼると、ルイ・ジャック・マンデ・ダゲール、ジョン・トムソン、そしてチャールズ・ネグレ(いずれも黎明期の写真家)のような人々は、現在の有名ストリート写真家ビル・カニンガムのように市中の人々を記録していた。

 

 それからカメラが一般人にも普及し、人々がソーシャルメディアに夢中になると、ストリート・スナップが“インフルエンサー”と呼ばれる人々によって、大量に撮られるようになった。そして今では、重要なファッション・メディアのひとつにまでなった。

 

 

 インスタグラムの初期の頃、まだそれがコマーシャライズされていなかった頃は、自分の好みのスタイルを、思うままに検索することができた。それらは素晴らしい着こなしアイデアの宝庫だった。

 

 しかし今日では、インスタグラムは自分に酔っている人たちの見せびらかしの場のようになってしまった。ブランドによるコマーシャル・ポストや金儲けのための投稿も多い。

 

 そんななかで、写真家チャールズ=エドゥアルド・ウォイセリンがピッティで追求しているのは、あくまで“本物の”スタイルだ。

 

 

1 2