Life blossoms on the Day of the Dead

死者の日に花開く生命

Wednesday, June 23rd, 2021

スペインを代表するポーセリン・ブランド、リヤドロと、日本人デザイナー森田恭通氏は、生命の喜びと夢の力を表現した新作“Life is flower”を発表した。

 

 

 

 

 

 リヤドロは、1950年代のはじめ、スペイン、バレンシア地方にてリヤドロ三兄弟によって創業されたポーセリン(磁器)メーカーである。バレンシア特産の白色カオリン磁土で作られた可憐な磁器人形で知られるが、実は前衛的な作品にも力を入れており、現代のアーティストとのコラボも多い。今回リリースされた森田恭通氏との共作もその一環である。

 

 1967年生まれの森田氏は、20年以上のキャリアを持つ著名なインテリア・デザイナーで、東京、ロンドン、ニューヨークなどで数々の受賞歴を誇っている。

 

 “Life is flower”と名付けられたこのオブジェは、森田氏がリヤドロのために考案したアートピースで、メキシコの“死者の日”にインスパイアされ、不気味なスカルを美しい花々が覆っている。人生の儚さと美しさ、夢の大切さを表現しているという。世界100個の限定品だ。

 

 いっけん生花と見紛う花々は、黒、白、グレイの3色の釉薬がかけられた磁器で出来ている。250枚以上の花びらは一枚一枚、手作業でモデリングされ、これがポーセリンとは信じられない繊細な仕上がりだ。

 

 その芸術性、希少性を鑑みると、これぞ”INVEST”にふさわしい逸品であるといえよう。

 

 

『Life is Flower』

世界限定100個 ¥792,000

 

 

リヤドロジャパン

TEL.03-3569-3377

www.lladro.com