HOW TO SELECT YOUR FIRST CIGAR

初めてのシガーの選び方

Thursday, September 13th, 2018

 

 

 

<時間>

 シガーに火をつけたら、1本を一度に喫煙しよう。火を消してカットし、再び吸ったりすることはしないほうがいい。続けて吸えない長さのシガーは最初から選ばず、吸いかけのシガーをそのまま放置するのも避けよう。

 

 1本のシガーを吸うためには、少なくとも10分、長い時には3時間以上もかかる。なので、最初は、ペティ・コロナやペティ・ロブストなど、短めのシガーから吸い始めることをおすすめする。喫煙時間が20~30分程度のものだ。多くの人はロブストなど喫煙時間が45分程度のものを選びがちだ。しかし繰り返しになるが、それらは十分に時間があるときのためのものだ。

 

 どのシガーを吸うか決めたら、そのシガーが適切な状態にあり、見た目も美しく保たれているかチェックしよう。ここでも、経験を積んだショップスタッフが、あなたの手助けをしてくれるだろう。

 

 

<ラッパー>

 ラッパーというのは、シガーの一番外側を包んでいる葉のことである。普通は、スムースで葉脈が目立たず、均一な色をしているものが使われる。非常に薄い葉であり、最も長く熟成される。ちょっとオイリーと感じるかもしれない。一般的には、暗色で油分の多いラッパーが好まれるようだ。その味は、見た目通りによいことが多い。

 

 ラッパーの色は、カンデラ(緑色)からオスクーロ(黒色)までバリエーションが多い。シガーのブランドごとに独特の色合いを持っているが、シガーの種類によっても違う。

 

 時おり、表面に暗いシミのようなものがあるが、これは心配しなくていい。乾燥過程における湿度が高く、糖分が残っているためにおこる現象だ。新鮮さのある乾いた吸いごたえを味わえるかもしれない。

 

 白い斑点は太陽の斑点と呼ばれ、栽培過程で自然についたものだ。見た目だけの問題で味には影響しない。緑の斑点も同様だ。カビではない。乾燥過程で他の葉と接触していたために、葉緑素が残ったのだ。

 

 

1 2 3 4