BLANCPAIN “Villeret Ultra Slim”

ブルー時計の真打ち登場

Thursday, July 30th, 2020

サンバースト仕上げのミッドナイトブルーのダイヤルに、レッドゴールド製のインデックスと針を合わせ視認性を確保。写真のアリゲーターレザーストラップのほか、ミルマイユブレスレットのバリエーションも用意されている。「ヴィルレ ウルトラスリム」自動巻き、18KRGケース、40mm。¥1,920,000 Blancpainブランパン ブティック銀座 Tel.03-6254-7233

 

 

 ブランパンの主軸ラインのひとつ「ヴィルレ」は、RAKISHな装いにマッチする、クラシックなドレスウォッチコレクションだ。そのヴィルレから今年、美しいブルーダイヤルの新作が発表された。

 

「ウルトラスリム」は、1980年代にブランパンが機械式時計を復興させるきっかけとなったシックス・マスターピースと呼ばれる、6つのコンプリケーションのうちのひとつ。1989年発表の初代は2針だったが、現在は中三針に日付表示が追加され、実用性に優れる人気モデルだ。8.7㎜というケース厚は、袖口に干渉せず、エレガントで洗練された腕元を演出する。

 

 追加されたブルーダイヤルは、単に昨今の人気カラーのバリエーションではない。世界で初めてモダンダイバーズウォッチを発表し、海洋保全活動「ブランパン オーシャン コミットメント」を続けるなど、海と深いつながりを持つ同社にとって、いわばブランドを体現するカラー。この新作はアイデンティティを掛け合わせた、ひとつの到達点といえるのだ。

 

サファイアクリスタルのケースバックからは、100時間のパワーリザーブを誇る自動巻きムーブメント「1151」を眺めることができる。