A Feast of Sparkling Sake by Shichiken and Alain Ducasse.

七賢とアラン・デュカスが呼応するスパークリング日本酒の饗宴

December 2022

十三代にわたる系譜をもつ山梨の酒蔵「七賢」が、世界に名を轟かせているフレンチの重鎮アラン・デュカス氏とコラボレーションし、革新的な日本酒を造った。その名も「アラン・デュカス スパークリング サケ」。フランス料理とのマリアージュをパリとモナコ、そして東京の星付きレストランで披露。極上の料理と美酒に酔いしれた。

 

 

text chiharu honjo

 

 

 

 

 去る11月末日、東京・銀座のシャネルビル10階に位置するベージュ アラン・デュカス東京で、「アラン・デュカス スパークリング サケ」とのマリアージュを堪能するコラボレーションディナーが催された。同イベントは、スパークリング・サケを披露する場となっただけではなく、フランス料理のフルコースに七賢の日本酒をペアリングするという独創的な挑戦になっており、“料理に合わせる日本酒”ではなく、“日本酒を中心としたフランス料理”を味わうメニューで構成。10月にパリの「ル・ムーリス アラン・デュカス」、モナコの「ルイ・キャーンズ アラン・デュカス」で称賛を受けた後、東京でフィナーレを迎えた。

 

 

 

アラン・デュカス氏(右)と七賢醸造責任者の北原亮庫氏(左)。

 

 

 

 寛延3年(1750 年)創業の老舗酒蔵「七賢」とアラン・デュカス氏との出会いは遡ることおよそ10年前。「アラン・デュカスの考え方や料理に対する哲学というものに非常にシンパシーを感じた。」と現当主で代表取締役社長の北原対馬氏は語る。醸造責任者を務める弟の北原亮庫氏とともに“日本らしく、それでいて世界が納得する SAKE”を造るべく、桜の樽での熟成、瓶内二次発酵というこれまでにない新しい製法でこのスパークリング日本酒を完成させた。

 

「七賢のアラン・デュカス スパークリング サケは私が作り出すメニューにとてもよく合います。 ミネラルバランスがよく、食前酒からデザートまで食卓を華やかにしてくれる爽やかなパワーがとても魅力的なお酒です。ユニークな体験を発見し共有したいという思いから、豊かな自然環境と色彩豊かな生活様式を持つ山梨にたどり着いたのです。人と自然そして繊細な風景が出会い、スパークリング・サケが誕生しました。風味や食感はその風土の表現であり、五感を刺激するだけではなく、情熱的な醸造家たちの緻密な作業の結果でもあります。」

 

 そう語るのは、本格的なビストロから3ツ星レストランまで、世界11カ国でレストランを統括するアラン・デュカス氏。特に地中海の魚料理やチョコレートデザートと合わせるのがお勧めで、外観から精巧な気配が感じられる上質な仕上がりになったと言う。

 

 

 

 

 東京のイベントでは、招かれたゲストが「ベージュ アラン・デュカス東京」に集い、七賢の日本酒とのペアリングディナーを堪能。山梨県知事の乾杯のもと、まずは「アラン・デュカス スパークリング サケ」で宴がスタートした。日本酒とは思えない繊細な泡立ちの中に樽熟成ならではの淡い苦みを帯びた、心地よいのど越しの酒だ。

 

 

 

 

 この日は、ベージュ アラン・デュカス 東京の小島シェフによる「七賢xベージュ アラン・デュカス東京 コラボレーション特別メニュー」が振る舞われた。甲州牛や、キングサーモンとニジマスを交配したオリジナルブランド魚「富士の介(ふじのすけ)」など山梨の地物をはじめ、近海の一本釣り中トロ、蝦夷鮑とサザエといった極上の食材によるメニューが並ぶ。写真は「長野県七二会産ソルガム、富士の介の炭火焼き、季節野菜」。

 

 

フルコースのペアリングは、七賢自慢の6つの日本酒。左から「Alain Ducasse Sparkling Sake」、「Expression 2006」、「Expression 2020」、「ビロードの味」、「絹の味」、「甲斐駒」。

 

 

七賢・山梨銘醸株式会社 代表取締役社長の北原対馬氏(右)と醸造責任者の北原亮庫氏(左)。

 

 

 

 北原対馬氏は、「日本酒は日本料理の世界では欠かせない存在であり、フランス料理が長年にわたって情熱を傾けてきたインスピレーションの源でもあります。このプロジェクトを通じて、新しい味覚の体験を提供するとともに、両国の文化の魂を後世に伝えたいと思いました。これは、アラン・デュカスと共通する哲学であり、伝統を踏まえつつも常に革新し続けるということです。継承と革新を大切にしながら300年、400年と続く酒蔵へと成長していくことを目指しています」と語る。

 

 白州の清らかな水を使い、水と米の旨味、エレガントさと繊細さの絶妙なバランスを追求し続け、「ブドウで造る最高峰のスパークリングがシャンパンであるなら、米で造る最高峰のスパークリングを生み出していきたい」(北原亮吾氏)と、この酒を通じて日本酒文化の変革のきっかけをも生み出している北原兄弟の今後に期待したい。

 

<本連載の過去記事は以下より>

話題の水庭をいつでも楽しめる全14棟のオーベルジュ「那須 無垢の音」

ホテル連載第28回:ホテルのこだわりパン《第一回 赤坂・虎ノ門エリア》

【ルイ13世 タイム・コレクション2】3つの由緒あるフレンチ・メゾンの共演

130年続くスコットランドの至宝、「ロングモーン」

ホテル連載第27回:最新&定番手土産

神戸メリケンパークオリエンタルホテル 新レストランALL FLAGSオープン

神戸を代表する美食のエンターテインメント「ステーキハウス オリエンタル」

シャンパーニュメゾン「ポメリー」と「京都吉兆」が4年に及ぶコラボを始動

ホテル連載第26回:ホテルで鍋を囲む

世界6891本限定のスプマンテとともに紐解く イタリアで愛されているフェッラーリの魅力!

10年ぶりに発見された雫「ルイ13世 レア・カスク 42.1」

【次回は2024春】舞台は南紀白浜。食通が集う年2回のイベント「The Echo Table」とは

秋の美食探訪をピエール・ガニェールで。本店で人気のプラトー・ド・フロマージュも初登場

持続可能な未来を創る七賢とアラン・デュカスの酒

イタリアンラグジュアリーの象徴 F1GPの勝利の美酒、フェッラーリ

THE RAKE厳選!香港でいま注目すべきダイニング&バー5軒

今年の舞台はバーホッピングの聖地、香港!アジアのベストバー50の結果やいかに

ドン ペリニヨンの醸造最高責任者が創立した日本酒「IWA 5」の故郷を訪ねて

コーヒーは、食べるもの!? グランドセイコーが仕掛けたイベントにて

ファーム・トゥ・テーブルを提供する由布院のウエルネス・リゾート

奈良を代表するオーベルジュ「登大路ホテル奈良」滞在記

パレスホテル東京のフレンチ フランス料理「エステール」のディナー体験

オランダが誇る3ツ星シェフがアジア初出店!横浜・馬車道の「SMAAK(スマーク)」

ナパ・ヴァレー、金色のワイン街道を往く

CHIUnE/銀座Furutaがプロデュースする年末年始限定の2種類の鍋

Formula 1® オフィシャルスパークリングワインになったイタリア最高峰のスプマンテ“フェッラーリ”

Maison KEI & ボランジェ 日仏食文化の新たな発見を味わう期間限定ペアリングメニュー

銀座のグッチ オステリアでこの季節だけ楽しめるコース

NINE by La Cime:ジャンルを超えた創造性×香り

F1®公式スポンサー、フェッラーリのスペシャルボトルで表彰台気分を

コンセプトを大幅チェンジ! フレンチファインダイニング「シグネチャー」が次に目指す高みとは

0.0000038361%のみに許される銘酒

“量よりも質”を重視したサステナブルなシャンパーニュ「テルモン」

F1®︎史上初!イタリア最高峰のスパークリング「フェッラーリ」が オフィシャルパートナーに

TATRAS INTERNATIONALがプロデュースした会員制フレンチ・レストラン「パー レ セゾン」OPEN

6代目当主 オリヴィエ氏インタビュー:「KRUG」を次なる世代へ

ニューワールドの域を超越したワイン「クラウディー ベイ」の洗練

世界最古のメゾン「ルイナール」
その最高醸造責任者が語る、シャンパーニュを日本で味わう喜び

100本限定の極上ウイスキーを際立てる世界でふたつの特注グラス&チェア