Tuesday, January 19th, 2016

GRIMOLDI’S WATCH COLLECTION
グリモルディ氏のウォッチ・コレクション

RAKE TIMEは個人が収集した素晴しい時計コレクションの一端に触れる。
コレクションのオーナーは時計一筋の人生の後、現在はイタリア有数の
リゾートで悠々自適の引退生活を送るグリモルディ氏である。
text miki tanaka
photography alessandro ottaviani
issue02-_03_01

Anselmo Grimoldi
アンセルモ・グリモルディ

ミラノ近郊のパデルナ・ダッダ生まれ。14歳の時から地元の時計職人のもとで修業を始め、1962年にミラノに工房を開き、その後事業を拡大。現在ミラノに4軒とイタリア有数のリゾート、ポルトフィーノに店を構える。また「GRIMOLDI」、「Va Bene」などのオリジナルの時計のラインは世界的に人気に。現在、事業は4人の子供たちに任せて、ポルトフィーノにて引退生活。

「すべての時計を平等に愛しているよ」

 そのオリジナル時計が世界的にも有名な高級時計店「グリモルディ」。創業者、アンセルモ・グリモルディ氏は、実は時計に興味は全くなかった。この仕事を始めたのは“スカウト”されてのこと。
「当時働いていた食堂のお得意さんだった時計職人から『お前は見込みがありそうだからうちで働かないか?』と言われて時計屋で修業を始めたのです(微笑)」
 70年代中盤ごろまでは腕時計より置時計の時代。今でも置時計に魅せられている氏は置時計コレクションも1 0 0 個を超え、博物館級の珍しい時計も多数持っている。その後、80年代ごろから本格的な腕時計の時代が始まり、彼は当初から腕時計のコレクションも並行して始める。当時はミラノのドゥオモ近くの広場でマニアたちが週末に集まっては時計を見せ合ったり、交換したりしていたとか。
「珍しい時計にはやはり心が躍りますが、投資価値よりも自分がこだわるものを集めています。例えば私は昔からモータースポーツが好きなので、長年ホイヤーのコレクションをしています。商品価値はたいしたものではありませんが、タグ・グループに入る前の品ばかりでレアものも多く、複雑時計や永久時計と同様に大事です」
 子供たちに事業は任せ、現在は有名リゾート、ポルトフィーノでの優雅な引退生活だが、時計愛は相変わらずだ。

THE RAKE JAPAN EDITION issue 05