From Kentaro Matsuo

THE RAKE JAPAN 編集長、松尾健太郎が取材した、ベスト・ドレッサーたちの肖像。”お洒落な男”とは何か、を追求しています!

坂戸典之さん

Tuesday, November 10th, 2015

坂戸典之さん

 株式会社エル.アイ.エス.代表取締役

interview kentaro matsuo photography tatsuya ozawa

_UG_9716

ギ ローバー、ドルモア、イレブンティ、エルネストなど、数々の人気ブランドのインポートを手掛けるエル.アイ.エス.代表取締役、坂戸典之さんです。

「会社を設立して来年で10年目になります。この10年を振り返ると、本当に大変でした。もう思い出したくないような、感慨深いような・・」

やはり、一つの会社を興して、その社長を務めるというのは、並大抵のことではないようです。

そのせいか、

「かつて46だったウエストは、今では50になってしまいました・・」

あ、その点は、大した苦労もせずに生きてきた私も、まったく同じです。

 

スーツはジャンフランコ・ボンメツァードリ。イタリアン・クラシックの名門で、エルネストはボンメツァードリ氏の義理の息子、エンリコが始めたブランドです。フェルラ社というベビーアルパカを得意とするミルの生地を使っています。エルネストを一躍有名ブランドに押し上げた、ブークレなどちょっとレディス調の生地は、ここが織っていることが多いのです。

_UG_9735

シャツはもちろんギ ローバー。リーノさんで有名なミラノのアルバザールが、ずっとこだわっていた”41K”というモデルで、ほぼ水平を描くカッタウェイ・カラーが特徴です。

「ギ ローバーって、もう25年もの間、ずっと日本のマーケットで人気があるのです。そんなブランドって、あまりないですよね」

 

タイはフィオリオ。ちょっと細めの7.5cm幅です。

「以前はネクタイの結び目をズラしていたのですが、もう止めました。スーツのシルエットがスマートになって来ているので、タイもきちんとループを通して、まっすぐ締めた方がいい」

 

チーフはアンドレアス。カシミア100%の花柄で、その名も“ミッレ・フィオーリ(千の花)”。

_UG_9746

時計はロレックスのオイスター パーペチュアル デイトジャスト。

「ヨドバシカメラで買って以来、もう20年くらいしています」

こうやって、ひとつの時計を長く愛するって、素敵なことですよね。何事も、長く愛するということが大事です(自戒)

 

ブレスレットはアンドレア・ダミコ。ベルト屋らしく、クロコダイル模様のシルバーブレスです。ベルトとウォレットチェーンもダミコ。

_UG_9755

シューズはオールデン。

「服の世界に入った時に、周りの先輩は全員オールデンを履いていました。それ以来、昔から、靴はオールデンかトリッカーズと決めています」

 

そしてソックスはドルモア。この小さな楕円が積み重ねられたような模様は“ビスコッティ(ビスケットの意味)”と呼ばれる柄で、かのジャンニ・アニエッリが愛用していたことで有名です。

 

「スーツが派手なので、ベルト、靴、小物を黒で揃えて、出来るだけシンプルにコーディネイトしてみました」

そのまとめ方は、さすがの一言です。

 

坂戸さんは、シップスのご出身。以前このブログにもご登場頂いた、鈴木晴生さんや中澤芳之さんは、よき先輩だそうです。

「クラシコ・イタリアに影響を受け、初めてピッティに行って衝撃を受けました。『なんでイタリアには、こんな格好いい人ばかりいるのだろう』って(笑)。メンズ・イーエックスは、毎号読んでいました。渋谷店のプレスをやっていたので、よく雑誌Beginにも登場していましたよ」

 

私の古巣、世界文化社の男性誌は、一貫してセレクトショップ文化と歩みを共にし、日本のメンズ・クラシック・ファッションを牽引して来ました。私もいまだに、そのおこぼれにあずかって、メシを食っているようなものです。

 

「イタリアのクラシックって、常に進化しているのです。衿や着丈などのサイズは、毎年微妙に変わっています。そこがアメトラとの一番の違いではないでしょうか。しかも高いクオリティに裏打ちされている。だから飽きられないのです」

 

なるほど、私もそう思います。これからの10年も、ぜひ日本とイタリアとの駆け橋として、がんばって下さい!