THIS WEEK WE’RE CHANNELLING:ROGER STERLING IN MAD MEN

ドラマ『マッドメン』のスーツスタイル

Tuesday, October 2nd, 2018

アメリカの大人気テレビドラマシリーズ『マッドメン』のスタイルは、

われわれにクラシックとは何か、ということを教えてくれる。

 

by aobh o’brien-moody

 

 

 

 

 『マッドメン』は、大人気を博したAMCのテレビ・ドラマ・シリーズだ。ストーリーの面白さもさることながら、登場人物のファッションに注目が集まった。 舞台は1960年代のニューヨーク。2007年に最初に放送されて以来、そのスタイリッシュなスーツスタイルが話題となっている。

 

 衣装デザインは、コスチューム・デザイナーのジャニー・ブライアントが担当。それぞれのキャラクターの個性と心理状態をそれぞれのワードローブで表現し、物語に厚みをもたらし、登場人物をスタイル・アイコンとした。

 

 

 

 各キャラクターの個性的なファッションに関して多くのことが言われているが、俳優ジョン・スラッテリー演じるロジャー・スターリングの格好は、特に注目に値し、多くを学ぶことができる。スーツスタイルは、その白眉だ。

 

 贅沢が大好きな女たらしの悪漢だが、クラシックでエレガントなファッション・センスは素晴らしい。

 

 これには彼の軍隊での経験、第二次世界大戦の退役者であるということが、関係している。彼は常にスリーピース・スーツやダブルブレステッド・ブレザーに身を包んでいるが、これは軍隊のユニフォームからの影響だろう。

 

 

 

 LSDでラリっているときでさえ、彼は几帳面なスーツ姿であった。本当にスターリングは、ハイクラスなステイタスを表現している男なのだ。それこそ、つま先から頭のてっぺんまで―——ブラックのオックスフォード・プレーントゥ・シューズから、シルバー色のヘアスタイルまで、完璧なのだ。

 

 少々前時代的で、クラシックな服を好むにもかかわらず、彼のスタイルは、古くささとは無縁の洗練されたものだ。ディテールも遊び心に溢れている。同僚たちがコンサバなノッチト・ラペルのジャケットに身を包む中、彼は華やかなピークト・ラペルのジャケットを好んで着ている。

 

 

 精巧なパターンのタイと、スリーピークスのポケットチーフを愛用し、それらは彼の着こなすグレイスーツと、完璧にマッチしている。彼のスタイルはクラシックなルールを守ることは必要だが、ちょっとした遊び心も大切であるということを教えてくれる。

 

 いずれにせよロジャー・スターリングのファッションが教えてくれるのは、メンズ・ファッションというものは、過去へのレスペクトなしでは、成立し得ないということだ。『マッドメン』こそ、クラシック・スタイルのお手本である。