The Italian Marriage
Maserati and Ermenegildo Zegna

イタリアの両雄が生み出す
世界一センスのいいクルマと服

Saturday, May 20th, 2017

text kentaro matsuo

Maserati Quattroporte GTS GranLusso (66)

 

 イタリアの両雄、マセラティとエルメネジルド ゼニアとの蜜月が続いている。クルマとファッションという別々のフィールドにいるにもかかわらず、両社は多くの情熱をシェアしているという。それはクオリティ、ラグジュアリー、そしてエクスクルーシブの追求ということである。マセラティはゼニアのために、そしてゼニアはマセラティのために、スペシャル仕様のプロダクトを作っている。

 

 マセラティがゼニアのために作ったのは、ゼニアの生地を内装に使ったクルマである。フラッグシップセダンの「クアトロポルテ」とミドルサイズセダンの「ギブリ」、マセラティ初のSUV「レヴァンテ」に設定されている。使用されているのはなんとシルク素材で、シートやドアパネル、ルーフライニング、サンバイザーなどに張られている。一般的なシルクではなく、クルマの内装用に開発された新素材で、車両に求められる耐摩耗性や衝突安全性をクリアしているという。

 

 筆者は実際にゼニアの内装が施されたクアトロポルテに試乗する機会を得たが、そのインテリアは間違いなく世界一お洒落である。ゼニア製シルク素材は、一見マットな表面感だが、よく見るとシルクならではの上品な光沢を放っている。

 

 他に使われている素材、レザーやウッド部分も、妙にピカピカしておらず、落ち着いた仕上げが施されており、それが逆に高級感を醸し出している。素材感とカラートーンが合わせてあるのだ。これはクルマの内装というよりは、ファッションのコーディネイトの考え方である。こういうことをやらせると、イタリア人というのはやはり天才だと思わされる。

 

 

Maserati Quattroporte GTS GranLusso (47)

 

Maserati Quattroporte GTS GranLusso (45)エルメネジルド ゼニアの生地が使われたマセラティクアトロポルテGTSグランルッソとそのインテリア。マットな質感で統一されたインテリア・コーディネイトが素晴らしい。サンバイザーにつくコラボレーション・ロゴはゼニアのスーツをモチーフとしたものだ。¥19,460,000 Maserati

 

 

1 2