THE IMPRACTICAL CHOICE: MERCEDES-BENZ 560 SEC AMG

メルセデス・ベンツ 560 SEC AMG

Wednesday, June 30th, 2021

メルセデス・ベンツのハイパフォーマンス系トップレンジを担うのが、“メルセデスAMG”ブランドだ。

最高のラグジュアリー性と、恐ろしいほどのハイ・スペックを誇る。

その元祖といえるのが、獰猛にしてエレガントなモデル、メルセデス・ベンツ560 SEC AMGである。

 

 

by charlie thomas

 

 

 

 ドイツやイタリア、そして日本の最新型スーパーサルーンの購入を検討している男性に、THE RAKEはあえて「ちょっと待て」と言いたい。もちろんこれらの最新のクルマは素晴らしい性能を持っている。しかし、パワーと効率性を忘れて、もっとエキサイティングな時代に時計を戻し、高級車の黄金時代に注目するのもまた“あり”だと思うのだ。それはもちろん、1970〜80年代である。

 

 数あるエグゼクティブカーの中でも最も称賛されているのが、1972年に誕生したメルセデス・ベンツSクラスだ。Sクラスは、政治家、経済人、そして90年代のラップスターに愛用され、控えめなデザインと高品質な造りの代名詞となっている。

 

 ここでTHE RAKEが注目したいモデルがある。それは、メルセデス・ベンツ560 SEC AMG“ワイドボディ”だ。もし私に子供がいたら、喜んで交換したいと思うような一台だ。

 

 このクルマが非現実的である理由のひとつは、このクルマを見つけるためには、仕事中の8時間を毎日費やさなければならないところだ。こればかりに集中していたら、確実にクビになるだろう。何台作られたかは正確には不明だが、性欲過多な修道女のように珍しいクルマだ。

 

 標準的な560 SECは、Sクラスのクーペ・バージョンで、工場出荷時には5.5リッターのV8が搭載されていた。しかしこの時代、AMGモデルはメルセデスの工場から出荷されている訳ではなかった。

 

 この時期、AMGはメルセデスの傘下に入っていなかった。そこでこのクルマに興味のある顧客は、工場から出荷された新車のSECを自分でAMGに持ち込んで、財布の許す限りスペックアップしていくしかなかった。だから、希少なのだ。

 

 オプションは多岐にわたった。サスペンションのアップグレードやボディワークの調整程度のものから、フルフラットの“ワイドボディ”キットや385bhpを発生する6.0リッター・ボアアップ・エンジンを搭載したものまで、さまざまなバリエーションがチョイスできた。

 

 1990年当時、フルスペックの560 SEC AMGの価格は約20万ドルだった。現在では、合併前のメルセデス/AMGの中で最も英雄的なクルマと言われている。

 

 最初のメルセデスAMGオフィシャル・モデルであるAMG C36は1993年に発表された。しかし560 SEC AMGのようなクルマが、今日のメルセデスAMG製品に期待されるものの前例となったのは明らかである。

 

 すなわち、外観はごく普通に見えるクルマながら、スピードと壮大さ、そして人目を引く素晴らしい存在感を持っているのだ。メルセデスAMGの魅力の原点となった一台である。