Terrace & Dining ALL FLAGS Open!

神戸メリケンパークオリエンタルホテル 新レストランALL FLAGSオープン

January 2024

text kentaro matsuo

 

 

 

 

 1995年開業、神戸港の突堤に位置する神戸メリケンパークオリエンタルホテルは、神戸のランドマークとして長年市民に親しまれている。白い波を象った建物は、付近の神戸ポートタワー、神戸海洋博物館の持つ曲線と呼応し、美しい港町の風景を形作っている。

 

 ここは日本で唯一、ホテル最上階バルコニー部分に船舶用の灯台を持つホテルとしても知られている。外観の照明は東京タワーやレインボーブリッジも手掛けた照明デザイナーの第一人者、石井幹子氏によるものだ。夜ともなれば、建物はエメラルドブルーに輝き、まるでホテル全体が海の道標であるかのようだ。

 

 

 

 

 3階にあるメインダイニングは、240席の規模を誇り、宿泊客のみならず、地元神戸の食通たちに愛されてきた。

 

 去る2023年12月9日、この歴史あるレストランがTerrace & Dining「ALL FLAGS(オール フラッグ)」としてリニューアルオープンした。オールフラッグとは、船舶が国旗や国際信号旗を掲揚してゲストを歓迎することだという。

 

 周囲270度を海に囲まれたロケーションを生かし、インテリアはクルーズ船内をイメージしてデザインされた。開放的でラグジュアリーな大空間である。屋外のテラスエリアで食事を楽しむこともできる。眼前に海を臨み、遮るものが何もないから、まるで客船のデッキにいるような錯覚を覚える。

 

 

 

 

 クルーズ船で航海しながら、さまざまな国の料理に出会うことをコンセプトとしている。世代や国籍を超えた幅広い料理がビュッフェ形式で提供される。それぞれの好みにあった皿を選ぶことができるから、ファミリーや外国人のゲストにもぴったりだ。

 

 

 

 

「ライブキッチン」が多く設けられ、ゲストの眼の前で調理された、できたての料理がサーブされる。旧オリエンタルホテルの系譜を継ぐ、一流の料理人たちが腕を振るう。その味は豊かな経験に裏付けられている。来る人を飽きさせぬよう、いろいろな食のエンターテインメントが用意されている。

 

 

 

 

 3ゾーンにわけられたライブキッチンカウンターのメインは、神戸市内のブッフェ形式レストランでは初となるブラジル風バーベキュー「シュラスコ・ライブキッチン」である。太串に刺され、こんがりと焼けた肉塊を、シェフ自らが切り分ける。ほとばしる肉汁に食欲がそそられる。

 

 

 

 

 ビーフをはじめ、チキン、エビなど選びぬかれた食材がゲストの目の前で調理され、臨場感溢れる食体験を堪能することができる。お腹が一杯になるまで、何皿もおかわりを続けてしまいそうだ。

 

 

 

 

 タコスも目玉のひとつだ。揚げ立てのトルティーヤに、自ら具材を載せて、自分だけの1枚を作ることができる。あれこれと食材を選ぶのが楽しい。メキシコの国民食として知られているタコスだが、使われている材料が新鮮だから、とびきりの美味となる。

 

 

 

 

 デザートが充実しているのも嬉しい。入念に作り込まれたスイーツやフレッシュなジェラートが数多く供される。写真はパティシエが目の前で仕上げるモンブラン。軽い口当たりながら濃厚な風味が広がるマロンペーストを目の前で絞り出し、できたてが味わえる逸品。女性や子供には、特に評判がいいという。

 

 

 

 

 アルコールの種類も多い。氷を詰めたクーラーには、世界各国から取り寄せたビールが並べられている。ボタン式のワインサーバーが設置されており、さまざまなワインをグラスで楽しむことができる。この日は、イタリアのソアヴェやキャンティなど、6種類の銘醸を飲み比べることができた(別途要フリードリンクプラン料金)。ワイン好きには堪らないマシンである。

 

 

 

 

 ALL FLAGSはレストランというより、ひとつのリゾートである。ここで食事をとれば、大海原をゆく豪華客船のクルージング気分を満喫できることだろう。神戸を訪れる際には、ぜひ旅程に組み込んでみたいスポットである。

 

 

 

Terrace & Dining「ALL FLAGS」

場所:神戸メリケンパークオリエンタルホテル 3階

料金:

朝食(7:00~11:00)

大人¥3,800シニア¥3,420 小学生¥1,900 幼児¥1,200

ランチ(11:30~15:00)

大人¥4,000シニア¥3,600 小学生¥2,000 幼児¥1,200

(土日祝 大人¥5,000シニア¥4,500 小学生¥2,500 幼児¥1,500)

ディナー(17:00~21:00)

大人¥5,500シニア¥4,950 小学生¥2,750 幼児¥1,650

(土日祝 大人¥6,500シニア¥5,850 小学生¥3,250 幼児¥1,950)

※最終入店は各30分前まで

※クリスマス・年末年始・その他イベント開催日などは料金が変更

※大人(中学生以上)/シニア(65歳以上)/幼児(3歳~小学生未満)

※シニアのお客様はご入店時に身分証明書を要提示。

※すべて税・サービス料込

お問い合わせ:TEL.078-325-8110(10:00〜17:00)

www.kobe-orientalhotel.co.jp/restaurant/allflags/

<本連載の過去記事は以下より>

ホテル連載第29回:ホテルのこだわりパン《第二回 大手町・日比谷エリア》

「FRENCH BLOOM」から誕生した新世代のノンアルコール・スパークリングワイン

【シャンパーニュ ボランジェ】ガストロノミーに寄り添う偉大なヴィンテージ誕生

【レミーマルタン】300年受け継がれたレガシー

【建築×アート×食】坂茂が手がける広島の新名所「Simose Art Garden Villa」

話題の水庭をいつでも楽しめる全14棟のオーベルジュ「那須 無垢の音」

ホテル連載第28回:ホテルのこだわりパン《第一回 赤坂・虎ノ門エリア》

【ルイ13世 タイム・コレクション2】3つの由緒あるフレンチ・メゾンの共演

130年続くスコットランドの至宝、「ロングモーン」

ホテル連載第27回:最新&定番手土産

神戸を代表する美食のエンターテインメント「ステーキハウス オリエンタル」

シャンパーニュメゾン「ポメリー」と「京都吉兆」が4年に及ぶコラボを始動

ホテル連載第26回:ホテルで鍋を囲む

世界6891本限定のスプマンテとともに紐解く イタリアで愛されているフェッラーリの魅力!

10年ぶりに発見された雫「ルイ13世 レア・カスク 42.1」

【次回は2024春】舞台は南紀白浜。食通が集う年2回のイベント「The Echo Table」とは

秋の美食探訪をピエール・ガニェールで。本店で人気のプラトー・ド・フロマージュも初登場

持続可能な未来を創る七賢とアラン・デュカスの酒

イタリアンラグジュアリーの象徴 F1GPの勝利の美酒、フェッラーリ

THE RAKE厳選!香港でいま注目すべきダイニング&バー5軒

今年の舞台はバーホッピングの聖地、香港!アジアのベストバー50の結果やいかに

ドン ペリニヨンの醸造最高責任者が創立した日本酒「IWA 5」の故郷を訪ねて

コーヒーは、食べるもの!? グランドセイコーが仕掛けたイベントにて

ファーム・トゥ・テーブルを提供する由布院のウエルネス・リゾート

奈良を代表するオーベルジュ「登大路ホテル奈良」滞在記

パレスホテル東京のフレンチ フランス料理「エステール」のディナー体験

オランダが誇る3ツ星シェフがアジア初出店!横浜・馬車道の「SMAAK(スマーク)」

ナパ・ヴァレー、金色のワイン街道を往く

ホテル連載 第21回:バーでボトルキープ 其の2

ホテル連載 第20回:バーでボトルキープ

CHIUnE/銀座Furutaがプロデュースする年末年始限定の2種類の鍋

七賢とアラン・デュカスが呼応するスパークリング日本酒の饗宴

Formula 1® オフィシャルスパークリングワインになったイタリア最高峰のスプマンテ“フェッラーリ”

Maison KEI & ボランジェ 日仏食文化の新たな発見を味わう期間限定ペアリングメニュー

銀座のグッチ オステリアでこの季節だけ楽しめるコース

NINE by La Cime:ジャンルを超えた創造性×香り

ホテル連載 第19回:サブスクリプションサービス

ホテル連載 第18回:名物手土産<クッキー缶編 第二弾>

ホテル連載 第16回:ピクニックボックス

F1®公式スポンサー、フェッラーリのスペシャルボトルで表彰台気分を

コンセプトを大幅チェンジ! フレンチファインダイニング「シグネチャー」が次に目指す高みとは

ホテル連載 第14回:テイクアウトメニュー

0.0000038361%のみに許される銘酒

ホテル連載 第13回:夏限定の麺料理

“量よりも質”を重視したサステナブルなシャンパーニュ「テルモン」

F1®︎史上初!イタリア最高峰のスパークリング「フェッラーリ」が オフィシャルパートナーに

ホテル連載 第10回:名物手土産 -クッキー缶編-

ホテル連載 第9回:名物手土産 -定番編-

TATRAS INTERNATIONALがプロデュースした会員制フレンチ・レストラン「パー レ セゾン」OPEN

ホテル連載 第7回:ルームサービス限定の一皿 其ノ二

ホテル連載 第6回:ルームサービス限定の一皿 其ノ一

ホテル連載 第5回:最新ルーフトップバー

ホテル連載 第3回:ホテルの名物料理

6代目当主 オリヴィエ氏インタビュー:「KRUG」を次なる世代へ

ニューワールドの域を超越したワイン「クラウディー ベイ」の洗練

世界最古のメゾン「ルイナール」
その最高醸造責任者が語る、シャンパーニュを日本で味わう喜び

100本限定の極上ウイスキーを際立てる世界でふたつの特注グラス&チェア