OMEGA: MY CHOICE - ROBERT SPANGLE

オメガ-私の選択 Vol.7
ロバート・スパングル

Tuesday, September 17th, 2019

勇敢な元・海兵隊員であり、現在メンズウェアの

ストリート・フォトグラファーであるロバート・スパングルが、オメガとの物語を語る。

オメガと彼との間には、大きな親和性があるという。

 

 

text ryan thompson  photography  jack platner

 

 

 元・海兵隊員で、サヴィル・ロウの見習いであり、今では最も尊敬されるストリート・フォトグラファーのひとりとなったロバート・スパングルは、間違いなくメンズ・ファッション界の重鎮といえる。

 

 彼が運営するホームページ「Thousand Yard Style」は、世界を横断する彼の旅と、その途中で出会ったお洒落な男性を紹介し、多くの人々にインスピレーションを与えている。彼は冒険心に溢れ、彼は時代を超越したスタイルと時計への知識を持っている。彼のオメガの物語は控えめに言っても、実にユニークなものだ・・

 

———あなたとオメガのストーリーを教えて下さい。

 

「2010年、海兵隊にいた私は、船上での作戦の途中で、第3小隊・第2武装偵察隊というチームの二等兵でした。そして、周りの連中は、私のことをモノ・オタクだと思っていました。そこで私は、自分の部隊が使うギアをまとめるよう命令されました。現場で使われている機器のスペックを調査し、新しい機器を探すのです。

 

 そしてチームのダイバーの多くは、彼らが命をあずけることになる、現在の時計に不満を抱いていたのです。そこで私はどの時計がいいのか、そしてその理由を尋ねました。私たちの部隊の百戦錬磨の司令官であるハグナー大尉は、すぐに私に自分の時計を手渡しました。それは私が見慣れている不格好なダイバーズ・ウォッチと同じ性能でしたが、シルエットはずっとスリムでエレガントでした。3回の従軍でついた傷やへこみと、鮮やかなブルーの文字盤との対比が印象的でした。彼は誇りを持って“私のオメガシーマスターは一度も修理に出したことがないんだ”といいました」

 

 

1 2 3