INFORMALE “Tailored Casual Wear”

メルボルン発!
注目のテーラードカジュアル

Wednesday, July 29th, 2020

photography max kruse

 

 

左がオーナー兼デザイナーのスティーヴ・カルダー氏。左右のアウターはともにUSアーミーのジャングルジャケットをベースデザインとした色違い。ブリティッシュコットンキャンバス製でアンラインド仕様。とても軽やかな印象だ。各US$495 Informale

 

 

 今の社会状況の中で人々の働き方が大きく変わっていく中で、今後ファッションの流れも全世界的に変わっていくのは必然といわれている。キーワードとなっていくのは「快適さ」、「リラックス感」、「きれいめテイスト」あたりだろう。その中で注目したいのが、オーストラリアのメルボルン発のブランド、インフォルマーレだ。

 

 インフォルマーレはイタリア語で「格式ばらない、普段着の」といった意味をもつが、それをメイド・イン・メルボルンで、サルトリアルの視点から見たカジュアルウェアというこだわりをもって表現しているのがこのブランドの面白いところ。

 

 この手のカジュアルウェアはストリート寄りのシルエットのものが多かったりするが、ここのはそこもしっかりサルトリアルに寄せているところがいい。タイトすぎず、程よくリラックス感があるアイテムが揃っているのも高ポイントだ。こちら、日本からでもオンラインで気軽に購入可能である。これから伸びていくブランドゆえ、要チェックだ!

 

 

カットが大変美しく、カジュアルのワードローブにサルトリアルのスマートさをもたらしてくれる、ドローストリング仕様のリネントラウザーズ。リラックス感がありながらも、とても上品な印象だ。US$210 Informale

 

 

1950年代のフレンチワークジャケットをモチーフにしたモールスキンジャケットこの非常にシンプル&ミニマルで美しいデザインがインフォルマーレのリラックス感を生み出すのだ。US$265 Informale

 

 

ブランドページへ